懸垂とディップスのスーパーセットは効果抜群 

懸垂とディップスのスーパーセットは効果抜群 細マッチョへの道

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

今日はいつものジムが休館日だったので、近所の公営体育館に行きました。
懸垂とディップスのスーパーセットでがっつりやってきましたよ!

2019年6月24日のワークアウト日誌です。

今日の筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・自重懸垂:19回 3セット
・自重ディップス:20回 3セット
・サイドレイズ:8kg 12×3
・自重ピストルスクワット
・自重アダクション

懸垂とディップスのスーパーセットは自重筋トレの王道

懸垂のディップスのスーパーセットは、自重筋トレの王道であると思います。
これをやり込むだけでも、上半身は相当なものになるはず。
公営体育館に行くときは、懸垂とディップスのセットをやりにいくようなものです。

公営体育館のトレーニングルームは、マシンはあるもののジジババに占拠されており、フリーウェイトがダンベル10kgまでしかありません。

この環境ですが、立派な懸垂台があるのが救いです。
懸垂台

懸垂台ですから、懸垂バーがあるのは当然なんですが、多くの場合ディップスバーも備えていますよね。
これを利用して、自重の懸垂とディップスのスーパーセットを行いました。

ディップス

ちなみに、ディップスとはこのように2本のバーを使って、全体重をかける腕立て伏せのようなもの。
大胸筋、上腕三頭筋などが強く鍛えられ、肩のローテーターカフの強化にも有効とされています。
スーパーセットとはスーパーセットとは、背中(広背筋)と胸(大胸筋)など、拮抗筋のトレーニングを交互に行うトレーニング方法です。
具体的には、懸垂(広背筋)を限界までやった後、すぐにディップス(大胸筋)に取り掛かるというもの。
拮抗筋の2種目をやって1セットと数えます。

懸垂で広背筋が疲労したら、広背筋が休んでいる間に大胸筋を鍛えてしまうというトレーニング。
時間の節約にもなるし、心肺機能の強化や体脂肪でダイエットにも繋がる筋トレ方法です。

懸垂とディップスのスーパーセットのセット例

・懸垂×限界回数
(休みなし)
・ディップス×限界回数
(インターバル2分)
・懸垂×限界回数
(休みなし)
・ディップス×限界回数
(インターバル2分)
・懸垂×限界回数
(休みなし)
・ディップス×限界回数

これで、「懸垂とディップスのスーパーセットを3セットやった」という数え方になります。

なお、限界回数としたのは、特に懸垂は疲労度が非常に大きいため「1セット目20回、2セット目15回、3セット目10回」というように、回数が減っていくのが普通だからです。

ディップスは、2分くらいのインターバルなら案外同じ回数出来ます。

違う筋肉を使う種目を交互に行うことで、時間効率が非常に高いワークアウトになります。
しかも、懸垂とディップスは運動量が非常に多いので脂肪燃焼効果も抜群!

細マッチョを目指すなら、自重トレーニングの王道である懸垂とディップスをスーパーセットでやる方法は、ぜひ取り入れてみてください。

懸垂

普段筋トレしかしていないと、休み無く高回数で行うスーパーセットは、筋肉というより心臓に来ます。
かなり息切れするので、いつもとは違った汗をかけますね。

プロレスラーのSANADA選手も、雑誌のインタビューで

バーベルなどの筋トレだけじゃなく、懸垂やディップスもやらないと試合中に息切れする

と述べていました。

懸垂とディップスのスーパーセットは、単に細マッチョ派だけでなく、スポーツ競技のために鍛えている人にも有効なトレーニング方法です!

なお、懸垂で広背筋より先に「握力」が参ってしまう、ディップスでバーを持っている手のひらが痛いという場合は、ストラップとグローブを兼ねた「パワーグリップ」が非常に便利です。
懸垂のときはワンタッチでバーに引っ掛け、ディップスのときはグローブのように手のひらを守ってくれます。

もちろん本来はデッドリフトやベントオーバーロウの際に握力を補助してくれるもの。
トレーニーなら必ず持っておきたいアイテムです。

今日の食事日報

今日の食事メニュー・朝食:オールブラン&スクランブルエッグ
・昼食:キムチ牛丼(すき家)
・夕食:カツ丼
・トレ前:パーフェクトパンププロテイン

カツ丼は筋トレ飯にも良い

今日の夕飯はカツ丼でした。

カツ丼というと、脂身たっぷりの豚肉と、ハイカロリーの揚げ物、卵、白米の組み合わせで、ダイエットの大敵のように思われています。

確かにカロリーは高いので食べ過ぎには要注意ですが、筋トレのように消費エネルギーが莫大な運動をする日には、むしろ食べたほうが良い食事だと思います。

カツ丼に使われる豚肉にも卵にも、ビタミンB郡が豊富に含まれています。

ビタミンB郡というのは、実は運動を伴うダイエットには無くてはならない栄養素で、ビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝に深く関わっています。

つまり、これらのビタミンが無ければ糖質も脂質も燃やせないということ。

高カロリーではあるものの、そのカロリーをしっかり燃焼するための栄養もセットになっているのがカツ丼。

ただ、野菜は不足するので、小鉢でほうれん草のおひたしを付けるのが我が家の定番です。
ほうれん草にはビタミンA、葉酸などが多いですから、カツ丼ともバランスが良いですよ。

とんかつさえ用意してあれば作るのも簡単だし、筋トレ飯としてカツ丼は意外とオススメですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ダイエットsafariはブログランキングに参加しています。

この記事が役に立ったと思ったら、下のボタンをポチッとしていただけるとあなたにも良いことがあります。
本当です。

関連記事

  1. 筋トレ中に歯を食いしばるのがダメな理由 細マッチョへの道

    筋トレ中に歯を食いしばるのがダメな理由 

  2. 細マッチョ派は腕トレしなくていい

    細マッチョ派は腕を鍛えなくても良いと思う 

  3. 今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

    今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

  4. ジムのマナー!混んでいるときはマシンも交代で使おう

    ジムのマナー!混んでいるときはマシンも交代で使おう

  5. ジムでのマシン筋トレは5回通ってからが本番だと思う

    ジムでのマシン筋トレは5回通ってからが本番だと思う

  6. トレーニングマシンは重量を比較するな 細マッチョへの道

    トレーニングマシンは重量を比較するな 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら