免疫力を高める筋トレで今日もホットになるぞ!

免疫力を高める筋トレで今日もホットになるぞ!

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

コロナウイルスの話題が尽きない今日この頃ですが、ぶっちゃけ個人に出来ることは「免疫力を高める」事しかありません。

このブログでも免疫力に関する記事をいくつか書いていますが、今日も元気に筋トレしてきました!

2020年3月1日のワークアウト日誌です。

2020年3月1日の筋トレ日報

今日の筋トレメニュー

  • スクワット
  • ベンチプレス
  • ベントオーバーロウ
  • バックエクステンション

今日の筋トレ後

筋トレで免疫力が上がる理由

以前の記事で、「筋トレをすると免疫力が落ちる」という内容を書きました。

↑の記事では、筋トレをすると腸のエネルギー源であるグルタミンが大量消費されるために、免疫力が落ちやすいという話をしています。

それはそれで事実ですが、逆に言えばグルタミンやビタミンCなど栄養をしっかり摂っていれば免疫力はさほど落ちません。

今回の日記では、逆に筋トレをすることによって免疫力が上がるという側面について解説します!

血行と体温が上がる

免疫力を左右する大きな要素が「血行」「体温」です。
筋トレをすると、この2つが確実に上昇しますね。これが免疫力が上がる理由です。

免疫細胞とは主に腸の近くに待機していますが、身体のどこかで異物が検知されると、直ちに現場に急行して駆除を行います。
この時、血液やリンパ液に乗って免疫細胞が移動していくため、血行を良くしておくことは免疫力にも極めて重大な影響を及ぼします。

さらに、免疫細胞には「活発に動ける温度」というものがあります。
だいたい37.5度前後で免疫細胞は最も活発に働くと言われており、筋肉を増やして深部体温を上げておくことは免疫力にも影響するんですね。

免疫力を上げる筋トレは全身運動

バーベルスクワットの準備
免疫力を上げるのに効果的な筋トレとは、ズバリ「使う筋肉が多い筋トレ」です。

使う筋肉が多いほど、全身の血行促進や体温を上げる効果も高くなります。
加えて、成長ホルモンの分泌や自律神経を整える作用などもあるため、まずはバーベルを持って基本的な筋トレメニューをこなしましょう!

  • スクワット
  • ベンチプレス
  • デッドリフトベントオーバーロウ
  • オーバーヘッドプレス

これらの種目を中心に、全身を温める筋トレをやれば、コロナだって怖くありません!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

関連記事

  1. オーバーヘッドプレス60kg超え!

    オーバーヘッドプレス60kg超え!

  2. バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 細マッチョへの道

    バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 

  3. ラットプルダウンは縦グリップで広背筋全体に効かせられる

    ラットプルダウンは縦グリップで広背筋全体に効かせられる

  4. ワンハンドロウは腹斜筋にも効く 細マッチョへの道

    ワンハンドロウは腹斜筋にも効く 

  5. 腹筋をする時は膝を閉じるのがポイント!

    腹筋をする時は膝を閉じるのがポイント!

  6. チェストプレスのグリップは縦か横か 細マッチョへの道

    チェストプレスのグリップは縦か横か 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ

【保有資格】
・健康管理士一般指導員
・日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー
・健康管理能力検定一級


筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。


>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

サプリ評価別で探す

ダイエットsafariが評価したサプリ等の商品を評価ランクごとにまとめています。
星5評価
星4評価
星3評価

>評価基準についてはこちら

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。