はじめてスミスマシンでインクラインベンチプレスをやってみた!

シリーズ細マッチョへの道

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

今日は、ほぼほぼ始めてスミスマシンを真面目にやりました。

フリーウェイトとマシンの良いとこどりでありながら、デメリットも兼ね備えている気がして敬遠していたのですが、有名ボディビルダーやフィジーカーのメニューを見ると必ずスミスマシンも入っているんですよね。

結果、非常に効きました(笑)
これは中々良いですね。

一瞬で掌返し。
前腕のトレーニングかな?

2019年12月19日のワークアウト日誌です。

2019年12月19日の筋トレ日報

今日の筋トレメニュー

  • スミスマシンインクラインプレス 10×3
  • シーテッドロウ 10×3
  • レッグプレス 10×3
  • アブドミナルクランチ 10×3

今日の筋トレ後

スミスマシンでインクラインベンチプレス

スミスマシンデビューの第一種目は、インクラインベンチプレスです。
一番やりやすそうだったから。

私が通っている体育館には、スミスマシンのところにインクラインベンチがもともと置いてあります。
いつもはダンベルでショルダープレスなんかをやっていましたが、せっかくならスミスマシン使えよって話ですよね。

肩と胸を兼ねるインクラインベンチプレスは、好きな種目の一つです。
いつもはダンベルでやっていましたが、今回はスミスマシンを初使用。

スミスマシン

スミスマシンの感想スミスマシンのトレーニングの特性は、マシントレーニングとほとんど変わりません。
レールによってバーベルの軌道が完全に固定されているため、安定した動きで筋肉に負荷を乗せられます。
このため、やはりスミスマシンは「マシントレーニング」に位置づけられるべきだと感じました。

結局の所、スミスマシンはシンプルであるがゆえに「一台で色々な筋トレが出来る」事が最大のメリットであり、マシンやフリーウェイトで満足行くトレーニングができている人はあえて取り入れる必要は無いかなとも思いました。

スミスマシンの構造

ストッパーとレールを備えたスミスマシンは、マシントレーニングに位置づけられます。

ただ、特にインクラインベンチプレスなどはスミスマシンが無ければパワーラックを使うしか無く、マシンでも対応するものは中々ありません。

  • フリーウェイトを超える高重量でやりたい
  • マシンでは対応するものがない

こうした時に、スミスマシンの活用の余地が出てきます。

  • スミスマシンはバーベルプレートを使ってかなりの高重量に設定できます。
  • それでいて、椅子の位置や自分の立ち位置を柔軟に変えられるので、動作の自由度もあります。
  • レールで軌道が固定されていますから、マシンと同じように余計な力を使わず対象筋を追い込めます。

このようなメリットを考えると、やはりスミスマシンは上級者向け。
対象筋にしっかり負荷を乗せること、マシンやフリーウェイトでは満足できないことなど、条件が揃ってから本格的に導入するべきトレーニングですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ダイエットsafariはブログランキングに参加しています。

この記事が役に立ったと思ったら、下のボタンをポチッとしていただけるとあなたにも良いことがあります。
本当です。


コメントを頂く際にメールアドレス・備考(URL)の入力は不要です!
気軽にコメントしてください!

村上哲也(サファリ)

・認定ダイエットインストラクター ・医薬品登録販売者 ・健康管理士一般指導員 ・公認サプリメントアドバイザー ダイエットや筋トレに役立つサプリメントの他、健康情報も収集し続けてアップデート中。各SNSをフォローしてもらえると、最新情報をお届けできます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

村上哲也(サファリ)

結婚を機に無添加生活にもハマりました。100%は無理なので50%避けることを目指しています。健康な細マッチョを目指したい方のサポーターです!

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。
TOP