ダイエット中の省エネモードを解除する方法 停滞期の乗り越え方

省エネモードの解除法

こんにちは。サファリです。

ダイエットを続けていると、必ずやってくる「停滞期」
食事を減らしても運動を増やしても体重が減らず、モチベーションも下がってくる危険な期間です。

停滞期の原因は様々ですが、長く続く空腹により、身体が飢餓を生き抜くための「省エネモード」に入ってしまった事が原因と考えられています。

ダイエット成功のためには、この省エネモードを無理矢理突破するのではなく、解除してあげることが不可欠。

省エネモードを解除できれば、再び体重は減り始め、目標体重への道も近づきます。

今回は、ダイエット中の省エネモードを解除する方法について紹介します。

ダイエット中の省エネモードを解除する方法は?

ダイエットにおける省エネモードを解除する方法について解説します。

まず、省エネモードはダイエットの「停滞期」という形になってあらわれます。

食事制限をはじめて最初のうちは順調に体重が落ちても、ある時期から一切落ちなくなって停滞してしまう。
この停滞期が長引くと、モチベーションも低下して食事管理も運動も辞めたくなってしまいますよね。

減量が停滞する原因は、まさに身体が低燃費化し、省エネモードに突入することにあると考えられます。

この省エネモードを解除する最も簡単な方法は、食べることです。
省エネモードに関する様々な論文でも、飢餓に対する身体の反応は栄養を摂取することで速やかに回復することがわかっています。

省エネモードについての科学的根拠については、こちらの記事も参考にして下さい。

食事制限でマイナスカロリーの状態にしている以上、身体が低燃費の省エネモードに入ってしまうのは避けられないこと。

特に食事や運動量を変えていないのに、2週間以上体重が減らない場合は、省エネモードになっている可能性が高いと言えるでしょう。

省エネモードを突破して体重を減らしたい場合、とるべき選択肢は3つあります。

①食事量をさらに減らす
②運動量をさらに増やす
③ダイエットを一旦お休みする

①、②を行う余力があればそれでも良いですが、身体にとって無理のなく省エネモードを解除できるのはになります。
ダイエット中ではありますが、省エネモードを解除するために勇気を持って食事量を増やしてみましょう。
省エネモード解除のために食べる

省エネモード解除のための食事の増やし方

ダイエット中の省エネモードを解除するための、具体的な食事の増やし方について説明します。

まず省エネモードや停滞期を脱する方法として、1日限定で何も気にせず好きなものを食べる「チートデイ」というやり方があります。
ここ数年で、チートデイダイエットも有名になってきましたよね。

チートデイも省エネモードから脱する方法論としては間違いではありませんが、あまりに食べすぎてオーバーカロリーになるリスク、理性のタガがはずれてダイエットを投げ出してしまうリスクがあります。

サファリ的には、ここは慎重に一週間かけて省エネモードを解除する「チートウィーク」をオススメします。

省エネモードから脱出するチートウィークのやり方

チートウィークでは、チートデイのように無制限に食べまくることはしません。

一週間かけて行うので、摂取カロリーもそれなりに制限が必要です。
やり方としては「消費カロリー=摂取カロリー」のカロリー収支プラマイ0になるように食べるのが理想。

ダイエット開始前の体重ではなく、ある程度減量が進んだ「現在の体重」で、改めて基礎代謝と活動代謝を計算し直し、その消費カロリーとイコール、もしくはやや多めに食べるようにします。

食べるモノの内容については、摂取カロリーの範囲内であれば特に気にしないで大丈夫です。
ケーキでもラーメンでもトンカツでも好きなものを食べられます。

一週間経っても猛烈な食欲が収まらないようであれば、まだ生存本能が働いているので、もう一週間延長しても構いません。

消費カロリー=摂取カロリーの状態であっても、飢餓状態で失われていた水分が戻りますので、体重は1~2kg増えます。
それは予め覚悟しておきましょう。

ダイエット中なのに体重が増えてしまうことに強い不安感を覚える気持ちはよくわかりますが、やはり「急がば回れ」が吉なのです。
省エネモード解除のために最初から「1~2kg」は増えるつもりでいれば、心の準備も出来るはず。

省エネモードから脱して、もう一度一気に減量するための助走のようなものと考えましょう。
どうせ1~2週間で増えるのは体脂肪ではなく水分ですから、すぐにまた落ちます。

チートウィーク法のメリット

まとめ:省エネモード解除にはチートウィーク法がおすすめ

・省エネモードに入ったら一旦ダイエットを休むのが吉
・一週間かけて省エネモードを解除する
・一週間は好きなものを食べてよし!
・体重は1~2kg増えるのを覚悟しておく

省エネモードは、生命が飢餓を生き抜くための本能によるもの。

数百万年もかけて進化した人間の本能に歯向かおうとしても無駄です。
苦痛が増してダイエットも失敗するだけ。

省エネモードに入ったと感じたら、一旦ダイエットを休んで安全に解除するのが得策。

心身ともに安定した状態に戻ってから、また改めてダイエットを開始することで結果的に成功への近道になるはずですよ。

質問等はコメント欄で受け付けています!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. 西野未姫のダイエット方法は菌活と食欲抑制がカギらしい

    西野未姫のダイエット方法は菌活と食欲抑制がカギらしい

  2. ダイエット終了後にリバウンドしないて食事量を戻すには

    ダイエット終了後のリバウンドしない食事の戻し方と考え方

  3. ダイエット中にお菓子を食べていい時間 太りにくいタイミングとは

  4. 小腹が空いた時の乗り越え方

    「小腹が空いた」くらいで食べてはいけない理由 空腹感の乗り越え方とは?

  5. 【ダイエット】筋トレでの体重増加の原因と心構え

  6. メラムキュットは痩せるのか?効果的なダイエット方法を考察!

    メラムキュットは痩せるのか?効果的なダイエット方法を考察!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら