バターコーヒーダイエットはオートファジーによる脂肪肝リスクを下げるか

バターコーヒーダイエットはオートファジーによる脂肪肝リスクを下げるか
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

オートファジーダイエットには、脂肪肝のリスクが高まるという説があります。

そして肝臓への負担を減らすにも、バターコーヒーが良いという話。
特に中年以降の方、また16時間断食などプチ断食だけをして、運動を全然しないような方は非常に注意したほうが良いポイントですね。

毎日16時間断食を実施中の私ですが、断食中でもバターコーヒーを欠かせない理由が良くわかりました。
今回調べたエビデンスと共に解説していきます。


この記事の内容はYouTubeでも解説しています!

オートファジーダイエットは脂肪肝リスクを上げる理由

オートファジーで脂肪肝リスクがあがる理由

オートファジーが進むと脂肪細胞でも分解が起こり、脂肪酸が血中に放出されます。

その放出された脂肪は肝臓に集まり、肝臓でケトン体に合成されて再び血中に放出
そしてケトン体は糖質の代わりとしてエネルギー源となり燃焼していきます。

ここでカロリー消費が少なく、断食中にも関わらずカロリー過多な状態となると、肝臓に集まった脂肪がそのまま肝臓に蓄積し、脂肪肝が進行します。

これはダイエット目的のオートファジーというより、老化によって起こるオートファジー過剰で主に見られる現象のようですね【参照】

【POINT】
絶食はオートファジーを促進し脂肪細胞を分解するが、分解された脂肪を燃焼するだけの活動をしなければ脂肪が肝臓に蓄積する

生成されたケトン体を”消費”する事が絶対不可欠

オートファジーダイエットでは、絶食によって脂肪細胞や古い細胞の”掃除”を促します。

しかし掃除された脂肪酸やアミノ酸は、リサイクルされるべきもの
リサイクル先が無ければ、肝臓でダブついてしまうという訳。

だからオートファジーダイエットをやるなら、絶対的に筋トレのような運動が必要で、放出された脂肪やケトン体を消費することが必須なのです。
ダイエットに筋トレが必須の理由が、また一つできましたね。

バターコーヒーが肝臓を守る理由

バターコーヒーが肝臓を守る

オートファジーによって脂肪細胞が分解されると、放出された脂肪は肝臓に集まります。

脂肪を処理してくれる肝臓をサポートする事も必要ですが、そのために役立ってくれそうなのがバターコーヒーですね。
バターコーヒーダイエットは、その発明者をして「完全無欠コーヒー」と呼ばれていますが、その理由がまた一つ増えました。

バターコーヒーが肝臓をまもる根拠について、コーヒーとバターに分けて紹介します。

コーヒーポリフェノールとカフェインによる肝臓保護

元々コーヒーは、人類最古にして最強の健康飲料です。

コーヒーといえばカフェインですが、コーヒーポリフェノールも非常に豊富。
このどちらにも、肝臓機能を保護し高める効果が確認されています。

コーヒーをよく飲む習慣のある人は、脂肪肝が少ないという直接的なエビデンスもありますね【参照】

バターやMCTオイルのカプリン酸が肝機能を向上

バターコーヒーには、MCTオイルやグラスフェッドバター、グラスフェッドギーなどを入れます。

これらは俗に言う「良質な脂肪」
そこに含まれる「カプリン酸」が、細胞内のGPR84という受容体を活性化して高血糖の抑制・肝臓細胞の抗炎症作用などを持つそうです【参照】

過食や高脂肪食は、本来身体に負担をかけますが、その負担を和らげる成分も脂肪には含まれているということ
グラスフェッドバターやMCTオイルのような脂肪であれば、毒性は少なく肝機能保護の効果をより高く得られるでしょう。

【POINT】
コーヒーもMCTオイルもグラスフェッドバターも、それぞれ独立して肝機能保護の作用があり、相乗効果が得られる

バターコーヒーはMCTコーヒークリーマーを使えば安価

仙台勝山館のMCTコーヒークリーマー


わざわざグラスフェッドバターとMCTオイルとギーを買ってきて、自分でバターコーヒーを作るのはかなり手間だしお金もかかります。
ここで超おすすめなのが、仙台勝山館さんの「MCTコーヒークリーマー」
コーヒーに小さじ1杯混ぜるだけで、簡単にバターコーヒーが作れるすぐれもの。

私も愛用しています。
詳しいレビューはぜひ関連記事へ

オートファジーを狙うなら筋トレとバターコーヒーの組み合わせ

  • 脂肪細胞でオートファジー過剰になると肝臓に脂肪が蓄積する
  • 放出された脂肪を燃焼するために筋トレやは必須
  • バターコーヒーは肝臓を保護してくれる

オートファジー過剰で脂肪肝のリスクが高まるのは確かですが、それはダイエットというより老化現象に伴うことのようです。
一般的なダイエット目的であれば、そこまでリスクは高くないと思いますが、プチ断食だけして運動を全然しないような習慣の方は要注意でしょう。

そもそもダイエットは単に体重を落とすだけでなく、美しく健康になるためにするわけですから、筋トレで身体をデザインする事は必須です。

  • オートファジーで脂肪を分解
  • 筋トレで脂肪を消費
  • バターコーヒーで肝臓を保護

この3コンボでいきましょう。
やっぱり結論はバターコーヒーなんですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. 省エネモードの解除法

    ダイエット中の省エネモードを解除する方法 停滞期の乗り越え方

  2. GREENSPOONスムージーの解約はボタン一つで簡単だった

    GREENSPOONスムージーの解約はボタン一つで簡単だった

  3. GREENSPOONを実際に頼んでわかったデメリットとメリットの話

    GREENSPOONを実際に頼んでわかったデメリットとメリットの話

  4. ダイエットをして食欲がわかなくなった場合の注意点

    ダイエットをして食欲がわかなくなった場合の注意点

  5. ナッシュのロールケーキを評価【星2】美味しいがぶっちゃけ微妙

    ナッシュのロールケーキを口コミ評価【星2】美味しいがぶっちゃけ微妙

  6. ズボラダイエッターを優しく導く「ライザップサポートミール」の効果を考える

    ズボラダイエッターを優しく導く「ライザップサポートミール」の効果を考える

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
認定ダイエットインストラクター
医薬品登録販売者
健康管理士一般指導員
公認サプリメントアドバイザー
健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。