台風前はスクワットとチューブで腕の筋トレ!

台風前はスクワットとチューブで腕の筋トレ!
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

こんにちは。サファリです。
神奈川県西部、台風接近中でものすごい雨です。

朝からずっと雨が収まらないので、総雨量は恐ろしいことになってそう。
我が家は、幸い洪水や土砂災害の危険地域ではないので、今日はいちにち自宅でおとなしくしています。

昨日は台風の準備でブログを書けなかったのですが、ジムで筋トレだけしてきました。
そして、自宅ではトレーニングチューブを使った腕の筋トレです!

2019年10月12日のワークアウト日誌です。

2019年10月12日筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・スクワット:110kg 5×3
・自重懸垂:20×3
・自重ディップス:20×3
・チューブアームカール:15×3

ジムではスクワットを優先してやる

ジムに行ったら、どんな筋トレを皆さんはするでしょうか?

個人的には、上半身の筋トレというのは、なんだかんだ工夫して自宅でも出来るので、ジムにある高重量のバーベルがなければどうしても出来ない、バーベルスクワットを優先してやるべきだと思います。

確かに自宅でも自重スクワットやピストルスクワット、スプリットスクワットなど負荷を高めることは出来ますが、高重量のバーベルスクワットは足だけでなく全身、特に体幹トレーニングとしての効果も非常に高いので、はずせない種目です。

バーベルスクワット
知り合いのボディビルダーには、普段は自宅でホームトレーニングを行い、週に1回だけジムでスクワットとデッドリフトだけやっているという人もいます。
サファリは基本的にジム通いですが、こういうときにはジムでスクワットだけやって自宅でチューブトレーニングでもいいですね。

トレーニングチューブでアームカール

今日は一日引きこもりなため、自宅でトレーニングチューブを使ったアームカールを行いました。
トレーニングチューブは、ダンベルに比べても圧倒的に安価で収納もかさばらず、なおかつ負荷の調整も容易なため、とても便利です。

チューブを使ったアームカールのポイントはYoutubeにもアップしました!

自宅でコツコツ続ければ、ダンベルなしでも上半身は十分鍛えられます。
まず買うのなら、やはりトレーニングチューブがおすすめですね!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. 今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

    今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

  2. ベンチプレスはボトムからの初動が一番難しい

    ベンチプレスはボトムからの初動が一番難しい

  3. 今日の筋肉

    オーバーヘッドプレスは腹筋に効く 

  4. レッグプレスは足の置く位置で効く部位が変わる

    レッグプレスは足の置く位置で効く部位が変わる

  5. 今日の筋肉

    登山は細マッチョ派の最強の有酸素運動 

  6. 久しぶりにバーベルスクワットを再開!

    久しぶりにバーベルスクワットを再開!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
認定ダイエットインストラクター
医薬品登録販売者
健康管理士一般指導員
公認サプリメントアドバイザー
健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。