スタンディングワンハンドショルダープレスが最近のお気に入り

スタンディングワンハンドショルダープレスが最近のお気に入り

こんにちは。サファリです。

関東は台風直撃でしたね。
せっかくダイビングに行こうと思っていたのに、見事にやられました。

ただ、こちらの方はそれほど大きな被害も無かったので良かったです。
台風一過で暑いんですが、まあ何とかなっています。

今日もワークアウト。
ダンベル一つでスタンディングワンハンドショルダープレスを最近よくやっています。

2019年9月10日のワークアウト日誌です。

今日の筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・ベンチプレス:105kg 5×3
・ベントオーバーロウ:65kg 8×3
・ダンベルショルダープレス:18kg 10×3
・自重スプリットスクワット

ワンハンドショルダープレスは体幹にも効果的だと思う

最近、ショルダープレスはダンベルで、しかもワンハンドでやることが多くなっています。

もともとサファリはショルダープレスはほとんど立ってやるので、ベンチを使うことはあまりありません。
スタンディングでやるショルダープレスは、肩はもちろんですが体幹トレーニングとしても有効です。

頭上に重いものを持ち上げるには、体幹が固定されていなければ話になりません。
腹筋運動をやるよりも腹筋を鍛えられる種目だと思っています。

しかもそれが「ワンハンド」となれば、より不安定となり体幹に側屈方向の負荷もかかります。
こういう点で、ワンハンドショルダープレスは体幹トレーニングにも有効ですね。

ダンベルでワンハンド

ワンハンドでショルダープレスをやる肩へのメリット

スタンディングワンハンドショルダープレスは体幹にも効果的と書きましたが、もちろん根本は肩のトレーニングです。

肩の筋トレという点でも、スタンディングワンハンドでやるメリットはあります。

それは、両手でやるよりもストレッチを効かせやすいという点。

両手でダンベルを持ってボトムに近づいていく時、左右の僧帽筋が吊橋のワイヤーのように肩を引っ張り上げることで、どうしてもボトムが浅くなってしまいます。
これによって僧帽筋も鍛えられるわけですが、ショルダープレスでは三角筋を鍛えたいはず。

これをワンハンドでやってみると、明らかにボトムで深くおろしやすい事がわかります。
深く下ろせばそれだけストレッチを効かせて可動域を広くでき、トレーニング効果も上がるというもの。

ついでに、スタンディングでやることで最後のチーティングも使いやすいです。
限界に近づいたら、身体を左右に振ってヒザも使ってチーティングすることで、限界まで追い込めます。

だいたい10~15レップくらいを目安にスタンディングワンハンドショルダープレスで追い込んでいくと、肩の発達もかなり実感できますね!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. レッグプレスは足の置く位置で効く部位が変わる

    レッグプレスは足の置く位置で効く部位が変わる

  2. 久しぶりにバーベルスクワットを再開!

    久しぶりにバーベルスクワットを再開!

  3. 懸垂10回できるようになるためにすること

    懸垂10回できるようになるためにすること

  4. チェストプレスはサムレスグリップが効きやすい

    チェストプレスはサムレスグリップが効きやすい

  5. バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 細マッチョへの道

    バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 

  6. 2ヶ月のダイエット成果

    2ヶ月で3kg体脂肪率12%まで減量したダイエットプラン 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら