久しぶりにバーベルスクワットを再開!

久しぶりにバーベルスクワットを再開!

こんにちは。
日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーのサファリです。

最近、ジム通いはもちろん続けているんですが、それ以外での運動の機会がかなり減っている事に気づきました。

以前は、週3のジム以外にも自宅の周りをウォーキングしたり、家でも自重筋トレをしていたのですが、最近仕事の忙しさを言い訳に、そういったジム以外での運動がかなり減っていたんです。

どうも精神的にテンションが上ってこないのは、こういう運動不足も原因かも。

ということで、ヒザの違和感もだいぶ無くなってきたので、今日からバーベルスクワット再開です!

2019年9月17日のワークアウト日誌です。

今日の筋トレ日報

・バーベルスクワット:110kg 5×3
・ダンベルプレス:30kg 10×3
・自重懸垂:18×3

やっぱりバーベルスクワットは全身に効きまくる

ヒザを痛めて以来、数カ月ぶりのバーベルスクワット再開で、やっぱり全身に効きまくる事を実感しています。

バーベルスクワット

バーベルスクワットのメインセットは110kg!


バーベルスクワットは久しぶりなので、ちょっと控えめにメインセットは110kgで。
ただ、これでもかなり重さを感じました。
やはりしばらくやらないと筋力は落ちますね。

おそらく、明日はお尻、股関節などかなり筋肉痛が来るものと思います。
しばらくは定期的にやらないと身体が慣れてきませんね。

久しぶりにやると、やっぱりバーベルスクワットは「全身運動」であると気づきます。
下半身はもちろんなんですが、バーベルを支えるために体幹も相当鍛えられます。

バーベルスクワットの場合、何処の筋肉を鍛えると言うより、全身に大きな負荷をかけて筋肉の連動性や神経系を鍛える効果が高いと感じています。

バーベルスクワットの効果

さあみんなでバーベルスクワット!

バーベルスクワットは精神も健全になる

バーベルスクワットで重いのを思い切りやると、なんというか精神が健全になるような爽快感を感じられます。

ちょっと大げさな言い方になってしまいましたが、本当に悩みを吹き飛ばすような効果もありますね。

バーベルスクワットの前に、思い切り息を吸い込んで腹圧を高め、自分が持てるフルパワーを発揮することで、全身の血流もものすごく増えます。

これによって脳の血流も高まり、疲労物質が洗い流され、代わりに新鮮な酸素と栄養が供給されます。

人間の疲れってほとんどは脳の疲れから来るものだそうなので、定期的にフルパワー筋トレで脳を洗い流すことが大切ですね!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!


ダイエットランキング

みんなで病院潰しませんか?

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

自分のペースで運動を続けながら、超健康ボディを目指すコミュニティを運営しています。
ガチで筋トレしたい人、運動不足を解消したい人、健康診断の結果に焦っている人など大歓迎です。
健康・筋トレのプロから定期的に科学的根拠のある最新情報をお届けし、無制限でご質問にもお答えしています。
これまでの運動サポートで「AST140から3ヶ月で39」「担当医が仰天するほど空腹時血糖値が下がった」など嬉しい声を頂いたので、より多くの方が継続しやすいようなコミュニティを目指しています。

ダイエット・筋トレのオンラインサロンは、若い方向けが多く本当に運動を必要としている中年以降のためのコミュニティが無かったので立ち上げた次第です。
興味があれば、10日間の無料体験だけでもぜひ覗いてみてください。
超健康サロンを無料で見てみる

関連記事

  1. 背中の筋トレにはラックプルがおすすめな理由

    背中の筋トレにはラックプルがおすすめな理由

  2. ベンチプレスついに107.5kg!

    ベンチプレスついに107.5kg!

  3. オーバーヘッドプレスの足幅は少し広めにしてみた

    オーバーヘッドプレスの足幅は少し広めにしてみた

  4. 今日の筋肉

    ディッピングベルトを購入するより500円で自作 

  5. 台風前はスクワットとチューブで腕の筋トレ!

    台風前はスクワットとチューブで腕の筋トレ!

  6. 今日の筋肉

    登山は細マッチョ派の最強の有酸素運動 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。