ベンチプレス107.5kgにアップ予定!

ベンチプレス107.5kgにアップ予定!

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

最近いい天気が続いていて、本当に気持ちいいですね。
今日も富士山がきれいに見えて空気が澄んでいます。

こんな日は夜は寒くなりますが、筋トレでしっかり身体温めておきまっしょおい!

2019年12月5日のワークアウト日誌です。

2019年12月5日筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・ベンチプレス:105kg 6×3
・シーテッドロウ 10×3
・レッグプレス 10×3
・ショルダープレスマシン 10×3

今日の筋トレ後

ベンチプレスは次で107.5kgに上げる予定

今日のベンチプレスは、105kgの6回3セットが安定して出来ました。
次回のセッションでは、107.5kgにアップする予定です!
ベンチプレス105kg

重量アップルールサファリの重量アップルールは、ベンチプレスの場合5回3セットが安定してできるようになったら、6回3セットに挑戦。
6回3セットが安定してできるようになったら、次のセッションで2.5kgアップというやり方です。

ベンチプレスをはじめて以来、もうずっとこのルールで続けています。
始めのは4年ほど前で、最初は30kgくらいからだったと思うので結構な進歩じゃないですか?

思えば最初の頃は、まず「自分の体重(62~65kg)」を一回でも上げるなんて感覚的に信じられなかったし、ましてや100kgなんてずっと届かないものだと思っていました。
自分は、元々がガリ体型で筋肉も少ない方だったので、遺伝的な才能はまったくない方だと思いますが、それでも続けていればこのくらいになります。

長渕剛はベンチプレス100kgに8年

長渕剛の筋肉
いまやムキムキ筋肉親父のイメージがすっかり定着した長渕剛ですが、80年代くらいまではヒョロガリの優男でしたよね。
「巡恋歌」とか「順子」とか、今聞くとナヨナヨしすぎてちょっと笑っちゃいますが(笑)

ただ、そんな長渕剛も40代になるまえにロングツアーを完走できずに倒れたりして、本格的に肉体改造に踏み切ったようです。
元がヒョロガリ体質ですから、筋トレをはじめて「ベンチプレス100kgを上げるのに8年かかった」という事です。
長渕 剛 なぜ肉体を鍛え上げたのか?

芸能人ですから、一流のトレーナーをつけて本格的にやったはず。
それでも、ベンチプレス100kgに8年ですから、本当に体質に恵まれていなかったんだと思います。

ただ、そのヒョロガリが今や立派な筋肉親父ですから、やはり筋トレは”継続”しつづければ誰でも結果を出せるんです。

現在の長渕剛
記事中の長渕の言葉で、これはちょっと覚えておきたい

トレーニングでは、強さだけではなく、優しさも育つ。
(中略)
裏切ったヤツと街でばったり出会った時に、よっ、久しぶり! 貴様! 元気か?と笑える、本当の意味で強い人間になりたいと思った

かっこいいですね~
優しさとは、強さから生まれるものです。

強いから、優しくなれる。
自分を裏切った相手も、優しさで圧倒してやりたい。

これがトレーニングのモチベーションかもしれません。

多くの人は筋トレを始めるとき、自分の体重を挙げたり100kgなんて想像も出来ないと思います。
しかし、筋トレは継続こそが何より大事。

これからも自分のできる範囲で、筋トレライフを続けていきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ダイエットsafariはブログランキングに参加しています。

この記事が役に立ったと思ったら、下のボタンをポチッとしていただけるとあなたにも良いことがあります。
本当です。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

コメントを頂く際にメールアドレス・備考(URL)の入力は不要です!
気軽にコメントしてください!

関連記事

  1. チェストプレスはサムレスグリップが効きやすい

    チェストプレスはサムレスグリップが効きやすい

  2. チェストプレスのグリップは縦か横か 細マッチョへの道

    チェストプレスのグリップは縦か横か 

  3. オーバーヘッドプレスの足幅は少し広めにしてみた

    オーバーヘッドプレスの足幅は少し広めにしてみた

  4. 懸垂とディップスは同じ日にやるべき理由

    懸垂とディップスは同じ日にやるべき理由

  5. 細マッチョ派は腕トレしなくていい

    細マッチョ派は腕を鍛えなくても良いと思う 

  6. 疲れている時ほど筋トレすると気分が良くなる 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。