サバ缶と納豆は相性がいい 

今日の筋肉

こんにちは。サファリです。

先日までの梅雨空とは一転。
一気に気温が上がりましたね。

雨は雨で嫌なんですが、こう暑いと別の意味で参ってしまいます。
今日はさすがにジムでも冷房が入っていました。
気持ちよくワークアウトしてきましたよ。

そして、サバ缶の新たなレシピとして納豆と合わせてみました。

2019年6月17日のワークアウト日誌です。

2019年6月17日筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・ベンチプレス:100kg 5×3
・ベントオーバーロウ:65kg 8×3
・アップライトロウ:35kg 10×3
・自重ピストルスクワット
・アダクションマシン

アップライトロウをEZバーでやってみる

以前のワークアウト日誌で、「アップライトロウはバーベルよりダンベルの方が良い」と書きました。

アップライトロウは肩関節に負担がかかりやすいトレーニングであるため、肩インピンジメントなどの怪我、痛みが出やすいです。

バーベルよりもダンベルの方が関節の自由度が高いため、アップライトロウはダンベルの方がリスクが少ないと思います。

他にもいいやり方が無いかと思っていたところ、目をつけたのがEZバー
EZバー

サファリが通っているジムにはEZバーが一本しかなく、これでアームカールをやる人が非常に多いため、なかなか空かないんです。

今日はたまたまEZバーが空いていましたので、これでアップライトロウをやってみたところ、バーベルよりも肩と手首への負担が少ないと感じました。
特に手首は、かなりバーベルよりも楽で痛みが全く出なかったですね。

EZバーならダンベルよりも細かい重量調整が出来るので、アップライトロウはこれでも良いかも知れません。

ただし、ひとつだけ注意点。
EZバーはシャフトの長さが短いので、大きなプレートを付けるとアップライトロウのトップポジションで横に開いた肘と干渉します。

このため、10kgプレートを付けることが出来ず、5kgプレートを2枚つけることで問題なくなりました。
この点だけはちょっと不便ですが、アップライトロウをやるときはEZバーもオススメですね。

2019年6月17日食事日報

今日の食事メニュー・朝食:目玉焼き
・昼食:チキンフィレオ(マクドナルド)
・夕食:サバ缶&納豆
・トレ前:パーフェクトパンププロテイン

サバ缶と納豆は意外と合う

サバの水煮缶の食べ方アレンジを色々と模索しているのですが、今日は納豆と合わせてみました。

サバ缶納豆
結論から言うと、これが意外と美味しかったです。

サバの水煮缶の煮汁を切って皿に出し、混ぜた納豆と合わせてネギを振るだけ。
もし味が足りないと感じるなら、醤油かポン酢などをちょっと垂らせば完璧。

ご飯が進みますね。

納豆の整腸作用はいまさら語るべくも無いですが、大豆由来のタンパク質も侮れません。

ただし、大豆のタンパク質は動物性タンパク質よりも必須アミノ酸が少なく、特にスレオニンとメチオニンが不足気味です。

このスレオニンとメチオニンは、サバ缶に十分含まれているので、アミノ酸スコアの面でも良好な食べ合わせです。

なお、サバ缶の煮汁は切りますが、切った煮汁は捨ててはいけません。
煮汁にはサバのEPA・DHAが大量に溶け出しているので、有効活用しましょう。

今回は、わかめスープの出汁として利用しました。

水でタマネギを煮て、サバの煮汁と鶏ガラスープの元少量で味つけ。
増えるワカメを投入すれば完成。

簡単にEPAたっぷりスープが出来ます。
ぜひ試してくださいね。

質問等は気軽にコメントしてください!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. 今日の肉体

    土曜日のジムは混んでいる 

  2. 今日の筋肉

    アップライトロウはマシンでやると効く

  3. トレーニングベルトは体幹を弱くしない!

    トレーニングベルトは体幹を弱くしない!

  4. チェストプレスのグリップは縦か横か 細マッチョへの道

    チェストプレスのグリップは縦か横か 

  5. 今日の筋肉

    オーバーヘッドプレスで自体重を挙げたい 

  6. バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 細マッチョへの道

    バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。