疲れている時ほど筋トレすると気分が良くなる 

こんにちは。サファリです。

梅雨も本格化し、雨が続いています。
昨年は梅雨でも全然雨が降らず、空梅雨と言われていましたが、今年はしっかり降っていますね。

7月末に旅行の予定を立てたので、今年は梅雨にしっかり降って、明けたらしっかり晴れてほしいところです。

今日は、仕事で疲れているんですが、そんな時でも筋トレしたほうが休まるという話をします。

2019年6月15日のワークアウト日誌です。

今日の筋トレ日報

今日の筋トレメニュー・ダンベルプレス:28kg 10×3
・シーテッドロウ 10×3
・ショルダープレスマシン 10×3
・自重ピストルスクワット

疲れていても、とりあえず筋トレをはじめてみると気分が良くなる

ここ数日、仕事の疲れが溜まっているのか、体調があまり良くないです。

風邪をひいたとか、明確な不調があるわけではないですが、どうにも身体がだるい。

こういうときは、筋トレもする気がなかなか起きませんが、実はこういう時でも「やりたくなくても、とりあえずはじめてみる」事が大事。

身体の疲労感というのは、実は脳の錯覚のようなもので、脳に疲労物質が溜まっていることが大きな原因。
軽く運動を始めることで、血行が良くなり、脳に新鮮な酸素が供給されて、気分も良くなります。

疲れたときは「安静」が鉄則のように思えますが、実は軽く身体を動かしたほうが気分が晴れることも多いです。

これは「アクティブレスト」という疲労回復法で、アスリートも試合の翌日には完全オフにせず、軽くジョギングなどすることが多いですね。

今日は、ジムに行ってみて身体が重かったので、20分位かけて念入りにストレッチをしていました。

マットの上で大の字に寝転がるだけでも、実は脊柱や腹筋群のストレッチになります。
ストレッチポールの上でゴロゴロしているだけでも、リンパが流れて身体がスッキリしてくるものです。

これでだいぶ気分が良くなったので、ダンベルとマシンで軽めに筋トレをして終わりました。

さすがにバーベルで高重量やるのは負荷が大きくすぎるので、少し汗をかくくらいの筋トレをして、シャワーを浴びて帰るのが丁度いいですね。

今日の食事日報

今日の食事メニュー・朝食:スクランブルエッグ&トースト
・昼食:チキンフィレオ(マクドナルド)
・夕食:しめ鯖
・トレ前:パーフェクトパンププロテイン
・夕食後:ふるさと青汁

しめ鯖パックは楽でうまい

脳の健康、身体の調子を保つのに、フィッシュオイルは非常に重要な役割をしています。

具体的には、フィッシュオイルに含まれるDHA・EPAなどの必須脂肪酸が血管のメンテナンスや脳細胞の機能を保つのに欠かせないのです。

そのフィッシュオイルを摂るために、魚を食べたいわけですが、魚って料理が面倒くさいですよね。

そこでサバ缶の出番なんですが、サバ缶のアレンジにも限界があります。

サバ缶の他にオススメなのが、しめ鯖パック
コスパは劣りますが、薄皮をむいて切るだけですぐ食べられるので、サバ缶に飽きたときにはオススメです。

醤油に付けて白米が進むし、納豆とも合いますよ。

健康に気を使うことも大事ですが、まずは食を楽しむことが人生において一番大事です。

では今日はこのへんで。
質問等は気軽にコメントしてください!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. 今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

    今日のショルダープレスはマシンで。やり方のコツを解説

  2. 今日の筋肉

    オーバーヘッドプレスで自体重を挙げたい 

  3. オーバーヘッドプレスの足幅はどのくらいが適切か?細マッチョへの道

    オーバーヘッドプレスの足幅はどのくらいが適切か?

  4. ダンベルだけで全身を鍛える筋トレメニューのメリット

    ダンベルだけで全身を鍛える筋トレメニューのメリット

  5. マシン筋トレのメリットは初心者と経験者で二段階ある

    マシン筋トレのメリットは初心者と経験者で二段階あると思う

  6. ペックフライマシンは可動域狭くして大胸筋内側に効かせよう

    ペックフライマシンは可動域狭くして大胸筋内側に効かせよう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら