夕食抜きダイエットは睡眠の質を下げる理由。睡眠の質を上げて痩せる

ダイエットノウハウ

ダイエットで夕食抜きをすると、眠れなくなるケースがあります。

これは空腹時間が長いとこで血糖値が底辺まで落ちるから。人間は血糖値が「下がる」時に眠気を感じるので、すでに下がりきっていると眠くならないのです。他にも理由はありますが、根本的な解決法は夕食を食べること。

とはいえ寝る前に食べすぎるとダイエットにならないので、ダイエット中にも睡眠の質を下げず、上手く脂肪を燃焼する方法についても紹介します!

この記事の内容

  • 夕食抜きダイエットで眠れなくなる理由
  • 良質な睡眠を取るための対策
  • 睡眠の質を上げるストレスケア

100万袋突破の機能性表示食品
1日1粒で煎茶20配分のテアニン!

リフレのぐっすりずむ

夕食抜きダイエットで眠れなくなる理由

夕食抜きして眠れなくなる女性

夕食抜きダイエットは「眠れない」という問題が起きやすくなります。睡眠の質が下がって生活が辛くなってしまったり、不健康になってしまって結果的にダイエットも失敗…

どうして夕食を抜くと睡眠の質が下がってしまうのか?この原因は3つあります。

  • 空腹感の苦痛
  • 血糖値が下がらない
  • メラトニンが作れない

順番に説明していきますね。

空腹感の苦痛

ごく単純に、「お腹が空きすぎて眠れない」というのが第一です。これが朝食抜きであれば、空腹感を我慢することは同じでも、「我慢すればお昼に食べられる」というゴールがあります。

しかし、一日の最後の食事である夕食を抜いてしまうと、このゴールが無くお腹が空いたまま眠らなくてはいけません。一般的には、夕食抜きは朝食抜き、昼食抜きに比べて「我慢する時間が長い」という点も苦痛を増やす原因になります。

血糖値が下がらない

「血糖値が下がるとき」に、人間は眠気を感じるように出来ています。

食事をして栄養が吸収されると、吸収された栄養は血液に乗って全身を巡ります。人間の重要なエネルギー源であるブドウ糖もそのひとつ。ブドウ糖が血液内に大量に供給されると、膵臓からインスリンが分泌されて血糖値を下げようとします。ここで眠気が起こるわけです。

昼食を食べた後のお昼下がり、午後2,3時ころに強烈な眠気を感じるのは、昼食で上がった血糖値が下がっていくからです。

重要なのは、眠気を感じるのは「血糖値が低いとき」ではなく「血糖値が下がっていくとき」ということ。

昼食で上がった血糖値は夕方までには下がりきります。その後食事を摂らなければ、血糖値は低いまま安定していますよね。
このため、眠気を感じることがなく、スムーズに寝付けなくなるのです。

メラトニンが作れない

人間に眠気を感じさせるのは、メラトニンというホルモンです。

メラトニンは脳の松果体で合成されるホルモンですが、目から光の刺激が入ると合成が抑制されます。このため、暗くなるとメラトニンの合成が活発になり、自然と眠気を感じるのです。

メラトニンは、アミノ酸の一種であるトリプトファンを材料として合成されますが、このトリプトファンを分解してメラトニンを作るには、インスリンが重要だと考えられています。夕食抜きだと当然インスリンも分泌されないため、トリプトファンが分解できずにメラトニンの材料が足りなくなります。このため、夜になっても眠気を感じられないという訳です。

100万袋突破の機能性表示食品
1日1粒で煎茶20配分のテアニン!

リフレのぐっすりずむ

夕食抜きでスムーズに眠るための対策

気持ちよく眠る女性

夕食抜きダイエットをすると睡眠に支障がでる原因について解説してきました。
睡眠は、健康の第一歩です。美容業界では「睡眠こそが最強のアンチエイジング」とまで言われており、それはダイエットでも同じです。睡眠の質を高めることはダイエット成功の第一歩であり、睡眠の質を落としてしまうダイエットは、いいダイエット法ではありません。

睡眠の質を高めながら健康的なダイエットをするには、次の3つを意識して下さい。

  • 夕食抜きではなく夕食を減らす
  • 日中にできるだけ日光を浴びる
  • ストレスを和らげる

「夕食抜き」ではなく「夕食を減らす」

ぶっちゃけ、夕食を「完全に食べない」のではなく「少し減らして食べる」ようにすれば万事解決します。

夕食抜きで眠れなくなる理由は、インスリンの分泌が極端に減ることに関係しています。インスリンはダイエットの敵のように言われることもありますが、そんな事はありません。インスリンが適切に分泌されなければ、人は糖尿病になってしまいます。

「食べ過ぎ、インスリンの出過ぎ」が問題なのであって、適切に分泌されれば問題ないのです。

それでは摂取カロリーが増えてしまうと思うのであれば、代わりに朝食や昼食を控えめにすれば良いのです。朝食や昼食を我慢しても、夕食で食べられると思えば我慢する時間は長くありません。

なお、インスリンの分泌を促すには糖質が必要ですが、砂糖のような精製された糖質は血糖値の急上昇を招くため避けてください。血糖値が乱高下すると、身体は興奮状態になるため寝付きが悪くなります。このため、糖質のとりすぎでも睡眠の質は下がるのです。

日中にできるだけ日光を浴びる

気持ちよく眠るためには、気持ちよく起きることが必要です。

睡眠ホルモンであるメラトニンはインスリンの働きで作られると書きましたが、実はメラトニンはセロトニンが変化して作られるものです。
セロトニンは日光を浴びることで分泌される「幸せホルモン」ですが、このセロトニンが暗くなってくるとメラトニンに変化し、眠りを誘う訳ですね。

つまり朝にしっかり日光を浴びてセロトニンを作っておかないと、夜にメラトニンになる材料が足りないため、寝付きも悪くなります。

朝にしっかりお日様を浴びておくこと。
これを意識すると、夕食抜きでお腹が空いていても、気づいたら値落ちしているくらいぐっすり眠れますよ。

ストレスを和らげる

よく眠る為に、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。
と月次な事を書いても、そんな事ができるなら最初から苦労しないと言うものです。

ここではサプリメントアドバイザーらしく、ストレスを和らげるサプリでも紹介しておきます。

ストレス緩和といえば、テアニンやGABAが有名。
しかしテアニンを含むお茶にはカフェインがあるため、寝る前には不向きです。

テアニンならサプリで摂りましょう。
GABAも含まれていればモアベター。
さらにメラトニンの生成を促すグリシンなどのアミノ酸も含まれているのがおすすめです。


「リフレのぐっすりずむ」が今売れているサプリですね。
テアニン、GABA、グリシンなどを含む機能性表示食品ですが、1ヶ月2,680円で1日あたり100円以下になるコスパも魅力だと思います。

嘘だと思って試してみると、本当にベッドで悶々としなくなって幸福度が上がります。

ダイエットに睡眠は超重要ですので、夕食抜きで続けたいのであればこういうサプリを活用するのも賢いと思いますよ。

夕食抜きダイエットは睡眠の質にご用心

夕食抜きで睡眠の質を上げる方法まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

村上哲也(サファリ)

・認定ダイエットインストラクター ・医薬品登録販売者 ・健康管理士一般指導員 ・公認サプリメントアドバイザー ダイエットや筋トレに役立つサプリメントの他、健康情報も収集し続けてアップデート中。各SNSをフォローしてもらえると、最新情報をお届けできます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

村上哲也(サファリ)

結婚を機に無添加生活にもハマりました。100%は無理なので50%避けることを目指しています。健康な細マッチョを目指したい方のサポーターです!

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。
TOP