カレンCBDの口コミと使い方!てんかんやADHDなどへの効果は?

カレンCBDの口コミと使い方!てんかんやADHDなどへの効果は?
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

CBDってどんなイメージですか?

  • 大麻?
  • 気持ちよくなる?
  • 依存性がありそう
  • 危ない人が吸ってそう
  • 子どもになんてとんでもない

こんなイメージもありがちなCBDですが、最近では「子どものてんかん・発達障害・睡眠障害などにCBDを試してみて、めちゃくちゃ良かった」という口コミも増加しています。

元よりアメリカなどでは、CBDの有効性はよく知られており、嗜好品としてだけでなく医療用としても使われています。

そして日本でも、「親と子どものためのCBD」が開発されました。
そんな「カレンCBD」について紹介していきます。

小児てんかんに悩んだ親が開発したカレンCBD

幼少期に難治性てんかんの「ウエスト症候群」を発症した、宮部かれんちゃん。
カレンちゃんの父親は我が子の為になにかできないか必死で調べ周り、欧米ではすでに小児てんかんの治療にCBDが使われていることを知り、わらにもすがる思いで取り寄せます。

そしてCBDを取り始めたカレンちゃんは症状からの回復を果たし、重大な手術を回避して、2年経った今ではてんかん発作も全く起きていないそうです。

この物語はCBD先進国のアメリカでも注目され、カレンちゃんとご両親はNYタイムズの記事でも特集されていました。
反響は非常に大きかったそうですね。

NYタイムズの記事

記事のタイトルは「Japan Stays Tough on Cannabis as Other Nations Loosen Up」
「他の国はCBDを緩和するなか、日本は厳しいまま」

CBD(カンナビジオール)は、麻から抽出される成分です。
つまり大麻の一部なんですが、大麻取締法で規制されているTHCという成分を慎重に排除し、有用なCBDだけを抽出した製品は日本でも完全に合法で、世界で積極的に利用されているのです。

CBDとTHC

そもそも人類の歴史を見れば、縄文時代の貝塚から麻の実が見つかるほど関わりが深く、その後も繊維や薬草として大麻は身近にあったんですね。
戦前には、大麻専門の農家が数万人もいたほどですが、状況が一変したのは太平洋戦争に負けてGHQに占領されてからです。

1945年GHQが「日本に於ける麻薬製品および記録の管理に関する件」という覚書を出し、日本の大麻産業の絶滅政策に乗り出します。
これは占領政策による日本文化破壊の一貫ですが、まあその後もプロパガンダのかいあって日本で大麻は「ダメゼッタイ」な麻薬の印象になってしまったわけです。

しかし前述の通り、THCを多く含むものは確かに危険な麻薬ですが、THCを排除したCBDのみであれば非常に有用なのは確か。
それによってカレンちゃんのように救われる子どももおり、他にも悩んでいる子どもを救いたいという思いから生まれたのが、カレンCBDです。

高濃度・国内製造・オーガニックにこだわったCBDオイル

カレンCBD

  • 高濃度で少量で済む
  • 原材料の安心感にこだわっている
  • 意外と価格が安い

カレンCBDの特徴は、とにかく子どもが飲んでも安全安心なように、親のこだわりが詰まりまくっていること。

もともと無味無臭のCBDですが、少しでも子どもの負担を減らすために少量で済むよう高濃度に。

そして何よりも安全安心を重視して、材料をできる限りオーガニック栽培のものに限定。

それらを日本国内の認定工場で製造し、「子どもに飲ませるものだから安全安心を第一に」と徹底的にこだわっているのです。

CBDオイルは既に日本でも数多く発売されていますが、こういった「親のこだわり」が反映されたものは、カレンCBDがはじめてではないでしょうか。

子ども用だがグミなどにしていない理由

CBDはオイルだけでなく、グミやパッチなどの商品もあります。

特に子供向けならグミなんかにすれば、抵抗なく食べてもらえそうですが、それはしていません。
なぜか?
グミにすると、以下のデメリットがあるからですね。

  • 砂糖や賦形剤などの添加物が必要
  • どうしてもCBD濃度が低くなる

子どもの健康を第一に考えてるのに、CBD以外の余計な添加物が入ったら本末転倒
またどうしてもオイルに比べてCBD濃度が低くなるため、沢山食べさせなくてはならず、結果的に子どもの負担も増えてしまうから。

子どもを第一に考えたからこそ、高濃度オイルという答えに行き着いたわけですね。

オイルだから飲み物などに数滴垂らすだけでOK

カレンCBDは高濃度だから、1日1回数滴でOK

カレンちゃんは既に慣れているので直接に舌に落としていますが、最初であれば飲み物やスープに垂らした方が良いでしょう。
CBDは熱でも劣化しないので、熱いお湯の中に入れても問題ありません。

カレンCBDのスポイト

りんごジュースやスープなどに、ポタポタっと数滴垂らしてあげるだけ。
食事と一緒に取ることで吸収されやすくなり、より効率的に摂取できますよ。

カレンCBDは意外と安い?

小児てんかんを克服した親子の物語からはじまったカレンCBD

原材料にこだわりまくっているのはわかりましたが、意外と価格も良心的です。
そもそもカレンちゃんは10mlの瓶を月に1~2本以上開けるほどの高用量摂取をしているので、価格が高くては続けられませんから。

その点も「親子のために」というこだわりが見えますね。

カレンCBDは通常単品9,900円

とはいえこの値段で買うのはあまり賢くなく、
定期購入なら1本7,700円

定期購入と言っても回数縛りはないので、辞めたくなったらいつでも辞められます。
つまり最初から定期購入にしておくだけでノーリスクで2,200円もお得ということ。

これが2本セットなら14,300円(1本あたり7,150円)
3本セットなら19,800円(1本あたり6,600円)

1本あたり6,600円なら、大手のCBDに比べても安いくらいです。
どちらにせよ短期だけで結果のでるものではないので、多めに注文して安くするのがおすすめですよ。

\最大40%OFF/
カレンCBD公式サイト
割引価格で購入する

CBDは子どもに使って大丈夫か?そもそも効果は?

カレンCBDのエビデンス

ここが一番重要なポイントですが、残念ながら明確な答えはありません。

CBDを子どもに長期間摂取させた場合の安全性については、十分な検証がされていないのが現実です。
ここははっきりと受け止めなくてはいけませんね。

ただ前述の通り、THCには重度の依存性があるため絶対に子どもに与えるべきではありませんが、CBDは依存性・中毒性がないため比較的リスクは低いはずです。

そして特にアメリカでは、てんかん、ADHD、自閉症、睡眠障害、発達障害などを持つ子どもの親から、CBDによって症状が改善したという口コミが沢山あります。

我が子が元気にすくすく育ってくれるよう、少しでも手助けしたい親にとっては、CBDの可能性は魅力的ですよね。

ここからは科学的なエビデンスを、いくつか紹介します。

アメリカではてんかん治療薬として承認

2018年にアメリカ食品医薬品局(FDA)は、小児てんかんの治療薬としてBDから作られたエピデオレックスという薬を承認しました。

エピデオレックスは ドラベット症候群およびレノックス・ガストー症候群と診断された患者516名を対象とした3つの研究において、本薬はプラセボと比較して、てんかん発作の重症度および頻度を減少させる効果があることが実証されたそうです。
参照:https://www.fda.gov/

またイスラエルで行われた研究では、CBDによって全体の89%がてんかん発作頻度の減少を報告し、覚醒度、行動、コミュニケーション、言語、運動能力、睡眠などの改善も認められました。
小児における副作用としては、疲労感、傾眠、過敏性、胃腸障害などがあり、5名の患者さんで医療用大麻の使用を中止しています。
参照:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26800377/https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26800377/

このように小児てんかんに対しては、CDBによる治療効果は確立してきています。
※あくまでもCBDのエビデンスを紹介しています。カレンCBDの効果を保証しているわけではないのでご注意ください。

ADHDなど発達障害にCBDを使った口コミが多い

小児てんかんよりも遥かに数が多く、多くの親を悩ませるのがADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害です。

ADHDの原因はまだ不明瞭ですが、脳神経的な問題があると考えられています。
脳内の神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンの働きが生まれつき低下しているのが、ADHD患者の特徴なのです。

ならば脳神経に作用するCBDの効果が期待され、実際にアメリカなどではADHDの子どもに対してCBDオイルを与えたところ、かなり落ち着きが出たという口コミがたくさんありますね。

私が聞いたところでは、暴れてしまってしょうがなかった子どもが、毎日CBDをスープに入れて飲むようにしたところ、すっかり落ち着いて絵本も読んでいるられるようになったという喜びの声がありました。

その一方で、大規模な研究レベルでは、ADHDに対する効果はまだまだ不明瞭です。

ADHDの治療に対してはエビデンスは不十分

2017年に行われた研究では、30人のADHD患者に対して、投与されたグループには、注意力、感情コントロール、多動性・衝動性に有意な改善が見られましたが、プラセボのグループには行動の変化が見られませんでした。
参照:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28576350/

これだけ見るとCBDが効いていそうな気がしますが、この実験で使われたのはサディベックス(CBDとTHCが1対1で混合されたスプレー)でした。
つまり日本では違法薬物となる麻薬です。

これではCBDだけの効果はわかりませんね。

また2019年に行われた別の研究では、CBDは不安症状や悪化していた精神病症状の改善など、いくつかの有益な効果を示しました。
しかし、精神疾患のいずれの主要な研究結果に対しては、有意な効果は示されていません。

睡眠不足や生活習慣の乱れに対するリラックス効果も

CBDが自閉症やADHDを直接治療するというエビデンスは少なくても、CBDによるリラックス効果で睡眠不足や生活習慣の乱れが改善することには、大きな意味があります。

  • 夜ぐっすり眠れる
  • 突然キレることがなくなる
  • 不安に襲われず気分が安定する

これらの直接的な症状が緩和されるだけでも、本人や周りの親にとってはだいぶありがたいはず。
宮部カレンちゃんのような重度てんかんでなくとも、生活習慣の乱れなどが心配な子どもにとっては、カレンCBDは試す価値がありそうです。

カレンCBDは子どもに与えるCBDとしてのこだわり満載

幸せな家族と子どもの写真

カレンCBDの売上の一部は、GREEN ZONE JAPANに寄付されます。

GREEN ZONE JAPANは、医療大麻を必要とするすべての人に届けられるよう、日本での法整備などを推進していく一般社団法人です。

宮部カレンちゃんのように、CBDによって救われる子どもは日本にもまだまだいるはず。
自分だけが助かれば良いのではなく、一人でも多くの人にシェアしていきたい。

そんな思いが込められた製品です。
日本ではCBDというと「自分が気持ち良い・よく眠れる」といった自分だけの効果をうたったHPが多いですが、カレンCBDは「自分が救われたものを一人でも多くの人に」という精神が垣間見える、そんな優しい製品だなと感じました。

\最大40%OFF/
カレンCBD公式サイト
割引価格で購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. ザイナマイトは安全なエナジーサプリ?効果を調べた

    ザイナマイトはカフェインより安全!デメリットや効果の根拠を徹底調査

  2. NMNサプリメントなんて効果なしというか高すぎると思う

    NMNサプリメントなんて効果なしというか高すぎると思う

  3. メルミー葉酸サプリを私が選んだ理由【栄養成分と価格面から】

    メルミー葉酸サプリを私が選んだ理由【栄養成分と価格面から】

  4. 最安は?フィンペシアの効果口コミや副作用を解説【プロペシアジェネリック】

    最安は?フィンペシアの効果口コミや副作用を解説【プロペシアジェネリック】

  5. 仕事の疲れにイミダペプチドは効果あり?

    仕事の疲れにイミダペプチドは本当に効くのか

  6. ケンコス4のランニングコストを詳細に計算してみた!将来的なメリットがデカすぎる

    ケンコス4のランニングコストを詳細に計算してみた!将来的なメリットがデカすぎる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
認定ダイエットインストラクター
医薬品登録販売者
健康管理士一般指導員
公認サプリメントアドバイザー
健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。