肩こり解消はハイドロリリースより日々の筋トレ&ストレッチ

姿勢を良くする

こんにちは。サファリです。

最近、肩こり解消に「ハイドロリリース」という治療法が広まっているそうです。

ハイドロリリースとは、簡単に言ってしまえば肩甲骨や肩周辺の筋肉、筋膜の癒着部分に注射器で生理食塩水などを注入し、物理的に癒着を剥がして動きをなめらかにするというもの。

肩こりの原因は、肩周辺、肩甲骨などの動きが減ることで、筋肉と筋膜が癒着し、老廃物が溜まってしまうこと。

これを注射で引っ剥がそうというのがハイドロリリース。

しかし、サファリはいつも肩こりで悩んでいる人にもどかしさを覚えます。

「肩こりなんて毎日ストレッチすれば無縁になるのに…」

ハイドロリリースも良いですが、肩こりに効くストレッチもここで紹介しておきます。

ハイドロリリースの肩こり解消効果は一時的

Googleでハイドロリリースを検索すると、この治療法を実施しているクリニックなどのHPが多くでてきます。

一回1000円ほどで肩こりが楽になるということで、非常に人気なんだとか。
しかし、どこのクリニックのHPでも

効果は一時的なものです。
肩こりの根本的な原因が解消されないと再発します

と書かれています。

考えてみれば当然。
注射で一時的には良くなっても、根本的な原因が解消されなければすぐに肩こりは再発するということです。

肩こりの原因は僧帽筋

肩こりを起こす原因となる筋肉は、首から腕、背中に十字に広がっている「僧帽筋」という筋肉。
僧帽筋

僧帽筋は、首を中心に両肩に向かって伸びており、吊橋のように腕を支える役割をしています。
体格にもよりますが、人間の腕は片方3kgほどあり、これを寝ている時以外は常に支えているわけですから、当然僧帽筋には疲れがたまります。

肩を動かさないと血流が不足する

僧帽筋は、常に一定の緊張を保って腕を支え、背筋を伸ばす働きをしています。

常に緊張しているということは、常に疲労物質が溜まってくるのですが、この筋肉を適度に動かすことで血液やリンパが流れ、疲労物質を回収して新鮮な酸素を届けます。

しかし、長時間肩周りを動かさないでいると、老廃物が蓄積し、さらに筋肉を覆っている筋膜と、筋肉自体が癒着してきてしまいます。

血管やリンパ管は、筋肉内の老廃物を回収する他に、筋肉に水分を届ける役割もしています。
長時間の緊張によって筋肉と筋膜の間に水分が無くなり、潤滑性が無くなってくっついてしまうんですね。

これが肩こりの原因です。

ハイドロリリースは、この癒着した筋肉と筋膜に生理食塩水やヒアルロン酸などを注入して、一時的に潤滑性を高める治療になります。

肩こりを根本的に解消する筋トレ&ストレッチ

肩こりを根本的に解消する、ついでに猫背も改善するストレッチとして、Youtubeにアップした動画があります。

こちらの動画の体操を1日2分続けるだけでも、肩こりには効果があります。

また、仕事の合間の休憩時間でもすぐに出来る動きなので、ぜひやってみてください。

この体操について詳しくはこちらの記事へ

僧帽筋を鍛える筋トレ&ストレッチ

肩こりを根本的に改善し予防するには、ストレッチだけでなく僧帽筋を鍛える筋トレも必要です。

ですが、僧帽筋というのは道具無しで鍛えるのは中々難しい部位です。
スポーツジムに通えるなら、専用のマシンがありますが、自宅で僧帽筋の筋トレというのは工夫が必要。

その工夫によって、自宅で道具無しでも出来る僧帽筋の筋トレ&ストレッチがこちらの動画より

カベさえあれば出来る背中の筋トレ。
特に肩こりに悩む人は、肩周りの柔軟性が低いため、これメチャクチャきついと思います。

筋トレとストレッチを兼ねたようなエクササイズになっているので、一石二鳥。
毎日続けてみれば、必ず効果は付いてきますよ。

道具はいらない、時間は数分
続ける意志さえあれば、ハイドロリリースよりも効果的です。

質問等は気軽にコメントしてください!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

村上哲也(サファリ)

・認定ダイエットインストラクター ・医薬品登録販売者 ・健康管理士一般指導員 ・公認サプリメントアドバイザー ダイエットや筋トレに役立つサプリメントの他、健康情報も収集し続けてアップデート中。各SNSをフォローしてもらえると、最新情報をお届けできます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

村上哲也(サファリ)

結婚を機に無添加生活にもハマりました。100%は無理なので50%避けることを目指しています。健康な細マッチョを目指したい方のサポーターです!

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。
TOP