【痩せ菌】ブラウティア菌を増やす方法は昔ながらの日本食にあった

【痩せ菌】ブラウティア菌を増やす方法は昔ながらの日本食にあった
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

腸内細菌の一種である「ブラウティア菌」が多い人ほど、内臓脂肪が少なく肥満ではない事が弘前大学などの研究でわかりました。この痩せ菌であるブラウティア菌を増やすには、日本古来の『麹』に含まれるグルコシルセラミドが有効で、味噌や塩麹などがダイエットにも良いと思われます。

日々の食生活で麹を取り入れるだけでなく、例えば麹グラノーラなどでも麹由来のグルコシルセラミドをたっぷり摂取し、痩せ菌を増やすことはできそうです!


砂糖不使用で、腸活も叶える「米麹グラノーラ」のフードコスメORYZAE

『痩せ菌』ブラウティア菌が多い人ほど内臓脂肪面積が少ない

ダイエット界隈でまことしやかに語られる『痩せ菌』『デブ菌』という存在。「本当にそんなものあるの?」と疑ってかかりたくなりますが、この度『痩せ菌』と言っても良さそうな重要な役割を果たしている腸内細菌が発見されました。

内臓脂肪と腸内細菌の関連について調べた結果、腸内細菌の一種の「ブラウティア菌」が内臓脂肪面積と関係しており、内臓脂肪面積が小さい人は腸内でこの菌が多いことが、弘前大学、東京大学、花王の産学連携の研究で明らかになっている。
 「ブラウティア菌」は、体内で肥満を解消する働きのある酪酸や酢酸をつくり出すほか、糖尿病、肝硬変、大腸がんなどの患者で減少していることが報告されている。肥満やメタボ、2型糖尿病の新たな指標となる可能性がある。
引用:糖尿病ネットワーク

発表された論文を詳しく読むと、日本人の男女1,001人(男391人・女610人)の内臓脂肪面積と腸内のブラウティア菌の数を検討したところ、痩せている人ほどブラウティア菌が多いことが、年齢、喫煙、飲酒などの要因の影響を取り除いても確認されたそうです。

腸内細菌はダイエットとも密接に関係している

ここ数年で『腸活』という言葉が広まってきたように、腸内環境を整えることはダイエットだけでなく健康全般に超重要。いくら強調しても足りないくらい重要です。

ダイエット指導をしていても、まず便秘解消をしてもらわないと上手く行かない事がほとんどで、逆に便通が良くなると本人もびっくりするくらい簡単に2~3kg落ちるケースが多いんですよね。今回のニュースは、その事を科学的にも裏付ける一つのデータとなったと思います。

ブラウティア菌を増やすには「麹」が有効

麹

ブラウティア菌は全腸内細菌の3~11%程度を占めており、腸内においてかなりのシェアを占めています。このブラウティア菌が多いほど痩せやすいのなら、ぜひとも増やしたいところ。

幸いなことに、ブラウティア菌を増やすのに有用な方法もわかっています。日本古来のプロバイオティクスである『麹』です。

麹に含まれる「グルコシルセラミド」がブラウティア菌を増やす

日本古来の和食には、麹を利用した食品が多くあります。米や豆などの食材に麹菌を付着させ、麹菌が食材を醗酵する際に生み出す様々なパワーを利用した食品は、単に保存が効いたり美味しいだけでなく、腸内細菌にも好影響がある事が2016年に発表された論文で明らかになりました。

日本人の食生活(和食)の特徴として麹を含む食事が多いですが、麹に含まれるグリコシルセラミドを摂取させたマウスの腸内ではブラウティア菌が増加することが報告されており、グリコシルセラミドはブラウティア属を増やす因子として注目されています。
引用:ヤクルト中央研究所

麹を使った食品に含まれる「グルコシルセラミド」という成分が、腸内でブラウティア菌を増やすエサとなってくれるようです。欧米人に比べて日本に肥満が少ないのも、この麹がブラウティア菌を増やしてくれるからというのも、ありそうですね!

参考文献(英語):Japanese traditional dietary fungus koji Aspergillus oryzae functions as a prebiotic for Blautia coccoides through glycosylceramide: Japanese dietary fungus koji is a new prebiotic

麹を多く含む食べ物

麹を多く使った食べ物として、最も取り入れやすいのは「味噌」ですね。1日1食程度でも効果はあるので、なるべく味噌汁は毎日食べたいところ。

また塩麹って意識しないと使う機会ないんですが、実は豚ロースを塩麹につけると、柔らかくなって激ウマです。
他にも甘酒も麹のカタマリなので、ORYZAEの通販などでまとめ買いがおすすめです。

他にもエビチリに塩麹を隠し味で入れると、コクが出て美味しいんですよね~。中華の鉄人・陳建一や脇屋友詞も、エビチリに塩麹入れてました。チューブで売ってるので、1本買っておくと便利ですよ!

ブラウティア菌を増やす麹を含むORYZAEフードコスメ

痩せ菌であるブラウティア菌を増やすには、日常に「麹」を取り入れるのが有効。
とはいえ麹って意識しないとなかなか多くは摂れないんですが、最近「ORYZAEフードコスメ」という麹専門の通販サイトが超イケてます。

ORYZAEフードコスメのHP

  • 麹グラノーラ
  • 甘酒
  • 米麹ソース

この3つがメイン商品で、どれも今までハードルが高そうに思えた麹を気軽に食生活に取り入れられるアイテムです。
何より素晴らしいのは、この会社の理念が「日本の食文化を活かす」熱い思いが伝わるからなんですよね。

この点はORYZAEグラノーラの口コミ記事で書きましたので、ご一読ください。

特に麹グラノーラはオートミールも使ってすごく美味しくしていて、食物繊維も合わせて腸活にはめちゃくちゃ良いはずです。
私も実際に食べてますが、翌朝トイレで至高の快感を味わえますよ笑

ORYZAEフードコスメのグラノーラ

値段的にもそこまで高くはないので、ブラウティア菌を育ててあげる意味でも、ORYZAEは試す価値があるでしょう。

\最大15%OFF/
ORYZAE
商品ラインナップを見る

麹をとってブラウティア菌を増やせば健康的にダイエットできる!

ブラウディア菌を増やす方法のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. 日焼けが痛くて筋トレできない…日焼け時に食べるべき栄養

    日焼けが痛くて筋トレできない…日焼け時に食べるべき栄養

  2. 毎朝の塩レモン水はなぜおすすめなのか?メリットと原理

    毎朝の塩レモン水はなぜおすすめなのか?メリットと原理

  3. 筋トレに最適な時間帯とタイミングはいつか?

    筋トレに最適な時間帯とタイミングはいつか?

  4. 筋トレを夜しかできないときの食事

    筋トレを夜しかできない時も食事は摂ろう!健康管理士が解説

  5. 筋トレ後に重曹クエン酸水を飲むメリット・効果を解説

    筋トレ後に重曹クエン酸水を飲むメリット・効果を解説

  6. 女性は寝る前にソイプロテイン!でメリットたくさん

    女性は寝る前にソイプロテイン!でメリットたくさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
認定ダイエットインストラクター
医薬品登録販売者
健康管理士一般指導員
公認サプリメントアドバイザー
健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。