トマトジュースで超健康ロールキャベツならハンバーグに勝てる

トマトジュースで超健康ロールキャベツならハンバーグに勝てる
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

ハンバーグは美味い。それは認めます。

しかし健康管理士の立場から言えば、3回に1回くらいは、もうひと手間かけてロールキャベツにしてもらいたい。

ハンバーグはフライパンでこんがり焼きめを付けて、それが肉汁を閉じ込めるバリアとなり、見た目にも食欲を煽る色となります。

しかしあの焼きめはタンパク質と糖が高温で変性したAGEs(終末糖化産物)であり、簡単に言えば身体を老化させる炎症物質なのです。

加えて焼く為に必要な油も、フライパン上で肉汁と混ざり酸化劣化した油として摂取することになります。

体に悪いものは美味しい。これも認めます。

しかし身体に良くて美味しいものだってたくさんある。
それがロールキャベツなのです。

タネを作るところまでは、ハンバーグと一緒じゃないですか
それをキャベツで包んで煮込むだけで、健康指数が+100位になって、しかもハンバーグとは違った野菜の甘味、旨味をたっぷり食べられるのって最高じゃないですか?

トマトジュースロールキャベツのレシピ

●ひき肉 200g
キャベツ 4枚
玉ねぎ 1/4個
●卵 1個
●米粉 10g
●塩・胡椒 適量
●ナツメグ 適量
にんじん 1/2個
えのき 10g
トマトジュース 200ml
300ml
コンソメ顆粒 5g

煮込む前のロールキャベツ

作り方

  1. 玉ねぎは細かいみじん切りに、にんじんは食べやすい大きさに切ります。
  2. よく冷えたボウルにみじん切り玉ねぎと●の材料を全て入れ粘りが出るまでコネます
  3. キャベツの芯に包丁を入れ、葉を破らないように4枚剥がします
  4. 3を大きな鍋で2分ほど茹でてから冷水で冷やします
  5. 2の肉だねを4等分して、キャベツの葉でくるみ爪楊枝で止めます
  6. 5を鍋に並べて隙間を埋めるようににんじんとえのきをつめます
  7. トマトジュース、水、コンソメを入れて煮込み塩胡椒で味を整えて完成です

ぎゅうぎゅう詰めになったロールキャベツ

  • キャベツの芯の1番分厚い部分は包丁で削ぎ落としておくと巻きやすくなります
  • 肉だねはコネてからしばらく冷蔵庫で冷やしておくとまとまりやすいです。私はこの作業だけ前日にやっておくことが多いですね。
  • ロールキャベツが煮込んでいるうちに崩れないよう、ぎゅうぎゅう詰めにするのがコツです。
  • キャベツの葉を茹でるにはかなり口径の大きな鍋が入りますが、この作業はリバーライトの炒め鍋28cmが超おすすめです。これが無ければロールキャベツも億劫だったでしょう。

  • 関連記事

    1. 甜麺醤の消費には作り置きに便利なジャージャンライスでお昼ご飯をちょっとオシャレに簡単に

      甜麺醤の消費には作り置きに便利なジャージャンライスでお昼ご飯をちょっとオシャレに簡単に

    2. ついに理想の家庭用中華お玉を手に入れた!選び方も解説

    3. うずらの卵がたっぷりな中華丼

      うずらの卵がたっぷりな中華丼は完全栄養食と言って良い

    4. 鉄フライパンは洗剤で洗っても良い!

      鉄フライパンは洗剤で洗っても良い!

    5. 男の料理には「中華鍋」と中華お玉 そのメリットとは

    6. 割引のやっすい豚こま肉を確変させる回鍋肉

      割引のやっすい豚こま肉を確変させる回鍋肉

    コメント

    • コメント (0)

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

    管理人プロフィール

    管理人サファリ
    村上 哲也
    ペンネーム:サファリ
    【保有資格】
    認定ダイエットインストラクター
    医薬品登録販売者
    健康管理士一般指導員
    公認サプリメントアドバイザー
    健康管理能力検定一級

    筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
    「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
    科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

    >詳しいプロフィールはこちら

    インスタはじめました!

    Instagram
    @diet.safari

    引用について

    当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。