DNS『NOブースター』を飲んだ感想・筋トレ以外のアレな効果

サプリ解説

DNS『NOブースター』を飲んでみたので、効果の感想や成分について解説します。

NO(一酸化窒素)を増やして血管を拡張し、筋トレのパフォーマンスを高める定番サプリ。筋トレやサーキットトレーニングに効果を感じたのはもちろんですが、血管を拡張するという事で、「アチラ」の方にもすごい効果を実感しました事をお伝えします!

執筆者サファリ・日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

DNS『NOブースター』の総合評価

総合評価
DNSのNOブースター

1日目安量 6粒
アルギニン 1,200mg
シトルリン 1,200mg
価格 2,980円

【良い点】
・成分量が多くバランスが良い
・量が多くコスパが良い
・カプセルが小さくて飲みやすい
【悪い点】
・1日6粒は多い

1日6粒は多いが飲む量を調整しやすいメリットはある

DNSのNOブースターは、1日の目安量が6粒で、アルギニン1200mg、シトルリン1200mgとなっています。つまり1粒にそろぞれ200mgづつ。
これで180粒入り2,980円ですから、他社製品と比較してもコスパはかなり良いと言えます。

デメリットと言えるのは、「1日6粒は多い」事くらい。
正直、これだけ飲むのは面倒くさいです。
しかしカプセルが小さいので、試しに6粒一気飲みしてみましたが、案外問題ありませんでした。
NOブースターのカプセルは小さい

この点は逆に、1日の飲む量を細かく調整できるとも言えるんですよね。

私の場合は、筋トレをする日は6粒、ガッツリやる予定の日は9粒飲むこともあります。
休養日でも、筋トレの翌日なら3粒は飲んでいます。こういう調整がしやすいのは、メリットとも言えますね。

筋トレ前に飲むなら60分前に

ガッツリ筋トレの前にNOブースターを6~9粒飲んでいますが、問題はタイミングです。
アメリカでの研究によると、アルギニンサプリは摂取直後から血中濃度が上がりはじめ、その後に血管を拡張する一酸化窒素の産生量が増えてきます。


グラフを見ると、一酸化窒素の量が十分に増えるのは60分後からで、90分後にピークを迎えることがわかります。
つまり筋トレ前にNOブースターを飲むなら、筋トレ開始の60分前に飲むのがベストですね!

NO(一酸化窒素)の効果とは

DNS『NOブースター』は、NO(一酸化窒素)の産生量を増やすアルギニンとシトルリンのサプリメントです。
ここで一酸化窒素の筋トレに対する効果について、かんたんに解説しておきましょう!

  • 血管を拡張する
  • 筋肉の合成を促進
  • 疲労の軽減
  • お肌も綺麗に

血管を拡張する

一酸化窒素の最大の役割は、血管を柔らかくして拡張することです。

詳しく言うと、血管壁は内膜・中膜・外膜の三層構造となっており、中膜は平滑筋という筋肉でできていて、柔軟に伸び縮みします。この中膜の伸び縮みによって、血管はゴムホースのように弾力を保っているのです。

血液の流れが早くなると、内膜組織が一酸化窒素を生成します。一酸化窒素は中膜の平滑筋に働きかけて弛緩させ、血管が拡張して血圧が上がりすぎないようになっているのです。このように一酸化窒素が血管を緩ませて拡張することで、筋トレに役立つ様々な効果が生み出されます。

筋肉の活動を高め合成を促進

血管が拡張して血流が活発になれば、血液によって運ばれる栄養素や酸素も増えます。これが筋肉にとってもプラスに作用して、筋肉のパフォーマンスが向上します。
さらに筋肉の材料が十分に運ばれるため、筋肉の合成を促進する作用もあるのです。

ソース シトルリンとアルギニンサプリでパフォーマンスUP

シトルリンとアルギニンは尿素回路において一酸化窒素の前駆体である。一酸化窒素は血管拡張作用を持ち、血流の促進により運動パフォーマンスを向上させる効果がある
引用:サプリメントの摂取が運動パフォーマンスに及ぼす影響

疲労の軽減

一酸化窒素は血管を拡張して血流を増やすことで、疲労物質の排出にもプラスに働きます。運動によって筋肉が激しく収縮すると、その分老廃物も沢山発生し、これが筋肉疲労の原因となります。
血流によって老廃物を洗い流し、新鮮な酸素と栄養を供給することで、疲労の軽減にも役立つのです。

ソース シトルリンサプリで運動後の疲労が軽減

シトルリンは一酸化窒素産生と血流改善、あるいはアンモニア解毒亢進の観点から、運動パフォーマンス向上のためのサプリメントとして注目されている。
引用:高強度運動により出現する疲労をシトルリン投与が抑制する機序

アルギニンとシトルリンの違い

アルギニンとシトルリン

NOブースターに含まれるアルギニンとシトルリンは、共に体内での一酸化窒素産生量を増やす働きがあります。
では、この2つの違いは何でしょうか?

シトルリン実はシトルリンは、体内に入るとアンモニアを分解する尿素回路の働きによって、アルギニンに変換されます。
つまり疲労物質の一種であるアンモニア分解に関わった後、さらにアルギニンに変換されて一酸化窒素の産生にも働いてくれるんです。
アルギニン一方のアルギニンは、摂取直後から一酸化窒素の産生を増やす働きをしますが、アルギニン自体はアルカリ性が強いために大量摂取すると胸焼けや消化不良になる場合があります。

このような副作用を防ぐためにも、アルギニンだけを過剰摂取するのではなく、アルギニンとシトルリンに分けて摂るほうがNOブースターとしては安全と言われています。

DNSの『NOブースター』は、アルギニンとシトルリンの割合が1:1ですので、この点でも安心して良いサプリだと言えますね!

DNSのNOブースターで感じた効果

NOブースターのカプセル

実際にDNSの『NOブースター』をしばらく飲んでみて、実感した効果についてまとめました。
大きく分けると、以下の3つです!

  • 筋トレの持久力
  • アソコがビンビン
  • 髪の毛が…

筋トレの持続力は上がった気がする

最近はジムの入場制限が厳しいため、自重でサーキットトレーニングをする事が多くなっています。
持久的な運動をするとかなり心肺に負荷がかかりますが、NOブースターを飲んでいると若干ではありますが、持久力が上がる感じがしますね。

翌日の疲労はかなり軽減されるので、飲んでおくとやっぱり効果はあると思います!

ちなみに最近はYoutubeの方でも自重サーキットトレーニングの動画を沢山撮っているので、ぜひやってみて下さい♪

下半身が非常に元気になる

正直、飲みはじめて一番効果を感じたのはコレです。

もう毎朝ビンビンです(笑)

実際、勃起の仕組みは神経の興奮によって一酸化窒素合成酵素が増え、海綿体の血管が拡張する事によるものです。
一酸化窒素が増えれば勃起しやすくなるのは、医学的にも正しいわけですね。
夜の悩みが増えている方にも、NOブースターが良いかもしれません!

ソース 一酸化窒素(NO)が勃起を促す

陰茎海綿体を支配するNANC神経が一酸化窒素(NO)作動性神経であり,同神経の興奮により活性化した神経型NO合成酵素が,NOを合成する.同神経から遊離されたNOが海綿体平滑筋細胞内の可溶性グアニル酸シクラーゼを活性化し,上昇したサイクリック(c)GMPにより海綿体平滑筋は拡張し,流入した血液の充満により勃起が生じる
引用:NO作動性神経と勃起障害

髪の毛にも期待をかけたい

これは正直「願望」のレベルです。
最近は亜鉛も飲んでいるのでNOブースターの効果かはわかりませんが、髪の毛は増えてきました。

まあ現状でもすごくハゲている訳ではないんですが、少しでも抜け毛を減らすために涙ぐましい努力をしているんです。

頭皮の血管が拡張すれば、育毛効果もあるはず…はず!

気休め程度ですが、こちらも飲み続けるモチベーションになっています。

他のNOブースターサプリとの比較

DNSの『NOブースター』を購入するに当たり、他のNO系サプリとも比較しました。国産ではDNSが圧倒的にコスパがよく他に選択肢はありませんが、iHerbではナウフーズの安いサプリがあります。
iHerbでは送料が800円程度かかる事と、配送までに2週間くらいかかる事を考慮して、結局私はDNSを選びましたが、安くて高品質なサプリを選ぶならNOWFOODSの方が良いかも知れませんね!

iHerbで安いのは「NOWFOODS」

ナウフーズのアルギニン&シトルリン

1日目安量 4粒
アルギニン 2,000mg
シトルリン 1,000mg
価格 1,765円(送料800円程度)

iHerb
商品ページを見る

DNS『NOブースター』は買ってよかったサプリの一つ

DNSのNOブースターの評価まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

村上哲也(サファリ)

・認定ダイエットインストラクター ・医薬品登録販売者 ・健康管理士一般指導員 ・公認サプリメントアドバイザー ダイエットや筋トレに役立つサプリメントの他、健康情報も収集し続けてアップデート中。各SNSをフォローしてもらえると、最新情報をお届けできます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

村上哲也(サファリ)

結婚を機に無添加生活にもハマりました。100%は無理なので50%避けることを目指しています。健康な細マッチョを目指したい方のサポーターです!

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。
TOP