安い青汁と高い青汁の違いは?選び方を解説します

安い青汁と高い青汁の違いは?選び方を解説します

安い青汁と高い青汁の違いをサプリメントアドバイザーが解説します。
スーパーで売ってる安い青汁と、ネットで見かける高い青汁は何が違うのか?安物買いの銭失いにならないためにも、青汁の価格と見極めのポイントを覚えておきましょう!

執筆者サファリ・日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

青汁の高い安いを左右するポイント

高い青汁と安い青汁の違い

青汁の価格を左右するポイントは、いくつかあります。価格が高いから良い、安いから悪いとは一概には言えませんが、最低限のラインを押さえていないと安物買いの銭失いになることも。

青汁を選ぶ上で、値段と合わせて見るべきポイントを解説します!

  • 原料の野菜
  • 加工法
  • 乾燥法
  • プラスαの成分

原料の野菜「国産」・「無農薬」

青汁は野菜や果物を加工して作ります。その野菜の産地や栽培法については気にして見たほうが良いでしょう。安価な青汁は、原材料は中国産だったり廃棄予定の野菜を加工したものまであります。

青汁に農薬が残留する可能性は非常に低いですが、栄養面から見ても無農薬の有機栽培が有利なのは間違いありません。
産地が明記された国産100%で、無農薬の有機栽培なら当然価格はちょっと上がってしまいますよね。

加工法「圧搾」・「粉砕」

以前の青汁は「圧搾」と言って、野菜を絞った汁を乾燥させて粉末にしていました。
野菜に含まれる栄養素はこれでもある程度摂れますが、「絞りカス」に残った栄養素は無駄になってしまいます。特に絞りカスになりやすい「食物繊維」が摂れないのは大きな問題。
近年の青汁は「超微粉砕製法」と言って、野菜をそのまま細かく粉砕して作られています。この場合、野菜をまるごと食べるのと同じことなので、食物繊維やビタミン・ミネラルも無駄なく摂取でき、青汁を飲む意味も大いにあるというもの。

多少価格は高くなっても、「超微粉砕」の青汁を選ぶのがオススメです。

乾燥法「熱風」・「フリーズドライ」

野菜を青汁にするためには、「乾燥」の行程が不可欠です。
安価な青汁ではローコストな「熱風乾燥」が用いられますが、ビタミンB群、ビタミンC、各種酵素などは熱に弱いため、熱風乾燥によって失われてしまいます。

栄養をより多く残せるのが「フリーズドライ」で、これは野菜を真空状態にすることで急激に乾燥させる方法です。

フリーズドライの原理気圧が下がるほど水の沸点は下がるため、真空状態にすると野菜の中の水分は一瞬で蒸発してしまいます。これによって熱を加えずに野菜を乾燥させる事ができ、熱に弱いビタミンや酵素を守れます。
さらに水分が一瞬で乾燥した野菜は、水分が元々合った場所が小さな空洞になります。粉末青汁にした際、この空洞に水が入り込んでいくので「なめらかに溶けやすい」青汁になるメリットもあるんです。

青汁を選ぶ際は「フリーズドライ」(もしくは低温乾燥)のものを選ぶようにしましょう!

プラスαの成分「乳酸菌」・「キトサン」など

青汁には、単純に野菜を砕いただけの青汁と、さらにプラスαの成分を加えた青汁があります。
プラスαとして代表的なのは、以下の通り

青汁にプラスされる成分

  • お腹の調子を整える「乳酸菌」
  • コレステロールを抑える「キトサン」
  • 身体の調子を整える「酵素」

それぞれのメリットが有るため、自分に特に必要だと思うものを選ぶと良いでしょう!

安い青汁は不味いのか?口コミでは賛否両論

安い青汁は本当にまずい!という意見の人は結構多いですが、実は安くても掘り出し物はあるようです。

味に関しては牛乳やフルーツジュースで混ぜたり、様々な好みがあるので一概に「安いから不味い・高いから美味しい」とは言えません。

美味しくするために果汁を混ぜて「フルーツ青汁」にしている製品もありますが、大抵相場より高い上に糖質が多くビタミンは少なかったりするので、正直あまりオススメはしません。

逆に、栄養重視で野菜を詰め込み、味のまずさは妥協する硬派な製品(ファンケル)などもあり、味と値段は相関しない事は覚えておきましょう!

高品質ながら高くない!おすすめの青汁

良い青汁の条件

「良い青汁の条件」をすべて満たしながら、値段もそれほど高くないオススメの青汁を紹介します!全て私が自分で飲んだ青汁で、正直な感想も付け加えました。

大正製薬 ヘルスマネージ乳酸菌青汁

ヘルスマネージ乳酸菌青汁

メーカー 大正製薬
主原料 大麦若葉
プラスα 乳酸菌200億個
初回価格 980円
通常価格 3,600円

大正製薬が本気で作った青汁です。国産無農薬野菜の大麦若葉100%を使用し、抹茶で香りをつけた美味しい青汁。
本当に苦味や臭みは全く無いので、アレンジも自在に出来ます。

プラスαは乳酸菌200億個で、これは業界トップクラス。他社の乳酸菌青汁と比較しても、これほど乳酸菌が多い青汁は他にないはずです。

安い・美味しい・栄養豊富でイチオシの青汁です。

公式サイトはこちら

大正製薬ダイレクトショップ

大正製薬の乳酸菌青汁
1杯の青汁にたっぷり200億個の乳酸菌! 乳酸菌青汁を飲んで朝からスッキリ気分! 大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁 初回73%OFF 980円(税抜)

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メーカー マイケア
主原料 明日葉
プラスα 桑の葉
定期価格 3,240円
通常価格 3,800円

八丈島のスーパーフード「明日葉」を使った青汁です。
火山島である伊豆諸島は水が乏しく、そんな過酷な環境でも力強く育つ明日葉は、火山灰から大量のミネラルを吸収した生命力の強い野菜です。
人間の免疫力に関わる成分「LPS」も豊富で、身体の調子を整えるには最適。

糖質の吸収を抑える桑の葉をプラスαで加えており、ダイエットの助けにもなる青汁ですね。

味はやや香ばしく、臭さが無くて美味しい青汁です。個人的には二番目に推したい!

公式サイトはこちら

ふるさと青汁公式サイト

マイケアふるさと青汁
八丈島産の明日葉を根っこまで贅沢に使用。食物繊維・ビタミン・ミネラルなど女性に嬉しい栄養素のほか、明日葉特有の希少なポリフェノール「カルコン」もたっぷり!
さらに、島根県産桑の葉、熊本・大分県産大麦若葉をバランス良くブレンドすることで、美味しく飲みやすい青汁に仕上げました。

サンスター 粉末青汁

サンスター粉末青汁

メーカー サンスター
主原料 ブロッコリー・ケール
プラスα 大麦若葉、モロヘイヤ、明日葉
通常価格 4,500円

サンスターの「健康道場」ブランドの青汁です。
原材料は、国産無農薬の「ブロッコリー」「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「モロヘイヤ」この5つのみ!
香り付けの抹茶やフルーツなど一切なく、非常に硬派な青汁です。

他の青汁が1包あたり3~4gが一般的なのに、サンスターは1包あたり10gの大容量!
このため価格も高くなっていますが、その分栄養が多いのは間違いありません。

粉末の量が多く余計な味付けもしていないため、非常に濃厚で青臭さがあります。この不味さが「効いてる!」って感じがするんですけどね(笑)

公式サイトはこちら

サンスター粉末青汁公式HP

サンスター 粉末青汁
100%国産 無添加による健康への徹底したこだわり 1日分の野菜不足をこれ一包で補える 青汁へ一日分の不足分も補える野菜使用量。他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍!

青汁は高い安いだけでなく見極めて選ぼう!

  • 青汁の高い安いは原料や製法の違い
  • 味の美味しさは値段と関係ない
  • 値段に囚われず賢い青汁ライフを!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

みんなで病院潰しませんか?

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

自分のペースで運動を続けながら、超健康ボディを目指すコミュニティを運営しています。
ガチで筋トレしたい人、運動不足を解消したい人、健康診断の結果に焦っている人など大歓迎です。
健康・筋トレのプロから定期的に科学的根拠のある最新情報をお届けし、無制限でご質問にもお答えしています。
これまでの運動サポートで「AST140から3ヶ月で39」「担当医が仰天するほど空腹時血糖値が下がった」など嬉しい声を頂いたので、より多くの方が継続しやすいようなコミュニティを目指しています。

ダイエット・筋トレのオンラインサロンは、若い方向けが多く本当に運動を必要としている中年以降のためのコミュニティが無かったので立ち上げた次第です。
興味があれば、10日間の無料体験だけでもぜひ覗いてみてください。
超健康サロンを無料で見てみる

関連記事

  1. デキストリン入りの青汁なんて買ってはいけない【ヤクルト】

    デキストリン入りの青汁なんて買ってはいけない【ヤクルト】

  2. 恵みの麹青汁を評価【星5】麹パワーで胃もたれサポート

    恵みの麹青汁を評価【星5】麹パワーで胃腸サポート

  3. 大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁はお試し出来る?

    ヘルスマネージ乳酸菌青汁はお試し出来る?

  4. ドクターベジフル青汁を買った理由と味や効果の感想レビュー

    ドクターベジフル青汁は甘みがあるのに糖質控えめで美味しい青汁でした

  5. 島桑青汁のスゴイ効果とは?シマ桑で糖質をやっつける!

    島桑青汁を評価【星4】シマ桑で糖質をやっつける!

  6. 青汁にもカフェインを含む場合あり。でも心配はいらない

    青汁にもカフェインを含む場合あり。でも心配はいらない

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。