日本製の塩にマイクロプラスチックはあるか【雪塩ぬちまーす海の精】

日本製の塩にマイクロプラスチックはあるか【雪塩ぬちまーす海の精】
【PRポリシー】 当サイト内に掲載される外部リンクは、一部アフィリエイトプログラムを利用した広告となっております。

世界の塩の9割にマイクロプラスチックが含まれている

こんなショッキングな研究結果が発表されたのは、2018年です。【参照】

海洋プラスチックごみが国際的な問題となって久しいですが、海に流出したプラスチックが粉々に粉砕されてマイクロプラスチックとなり、魚の身体に取り込まれて、それを食べる人間にも摂取される事がわかっています。

それどころか、海水を蒸発させてつくる「塩」にも、マイクロプラスチックが含まれているとしたら心配ですね。

日本が誇るミネラルたっぷりの塩である「雪塩」「ぬちまーす」「海の精」「宗谷の塩」なども、全て日本近海の海水で作られています。

このような海の塩にマイクロプラスチックが含まれているのかどうか?調査した論文を紹介します。


この記事はYoutubeで解説した内容のブログ版です

マイクロプラスチックは岩塩にも含まれるから避けられない?

塩へのマイクロプラスチック混入について

まず最初にお伝えしておきたいのは、冒頭で紹介した論文において、マイクロプラスチック含有量の多い塩は
「海塩>湖塩>岩塩」でした

つまり岩塩にもマイクロプラスチックは含まれているのです。

岩塩は太古の昔に地盤隆起で陸地に取り残された海が干上がって出来たもの。
その岩塩にマイクロプラスチックが含まれるということは、太古の海にもマイクロプラスチックがあったのか?

いやいや、そんなはずはありません。
実はマイクロプラスチックは、大気中にも大量に含まれているのです。

そもそもマイクロプラスチックといっても様々で、例えば化学繊維の服のほつれた糸くずなんて、風に乗ってどこまでも飛んでいくでしょう。
こういった大気中を浮遊するマイクロプラスチックが雨で落ち、地中に浸透して岩塩や地下水にも含まれるのです。

こういう訳でマイクロプラスチックは既に世界中に溢れていますので、これを避けようと思ったら並大抵のことではありません。

その上で、日本製の塩にもマイクロプラスチックが含まれているのか調査した論文を2本紹介します。

日本製の塩にマイクロプラスチックは含まれているか?2本の論文

塩を含む海産物にどの程度マイクロプラスチックが含まれているか?調査は世界中で行われていますが、日本製の塩に限れば意外と研究は少ないです。

その中でも、2本の論文を見つけましたので紹介しましょう。

結論から先にいうと
日本の塩のマイクロプラスチックを心配する必要はなし

とりあえず安心して大丈夫です。

膜によるろ過を経ればほぼ含まれない

野田 寧 塩中のマイクロプラスチックの分析

こちらは2020年に、塩事業センター海水総合研究所で行われた調査です。

主に「海塩中のマイクロプラスチックをどのように検出するか?」の方法論となっていますが、日本製の海塩も6品目調査しています。

いずれの方法でも、日本製の塩からマイクロプラスチックはほぼ検出されず

その理由として、日本の塩はイオン交換膜や逆浸透膜、濾過膜などを通して製造されているので、その過程でマイクロプラスチックも除去されているとしています。

イオン交換膜とは日本で最も多く使われる製塩法で、海水からナトリウムイオンや塩素イオンを取り出すための技術です。
分子レベルのイオンを抽出する膜ですから、1nm以下のものしか通れず、マイクロプラスチックは通れません。

逆浸透膜も濾過膜も似たようなもので、このような高精度の膜を使う製塩であれば、海のマイクロプラスチックが塩に混入する可能性は低いでしょう。

日本製の塩26品目の調査

中田晴彦,原野真衣,市販食塩における微小プラスチック混入の実態把握とヒトへの暴露評価および対策提案

こちらはより大規模で、日本で市販されている塩26品目についてマイクロプラスチックの調査を行った2018年の論文です。

26品目中、マイクロプラスチックを検出したのは1品目のみ(商品名は非公開)
その量は10個/kgでした。

その他の25品目はマイクロプラスチックを検出しなかったため、
平均すると日本で市販される塩のマイクロプラスチック含有量は0.38個/kgとなります。
これを日本人の平均塩摂取量で換算すると、
塩からのマイクロプラスチック摂取量は1.4個/年です。

1年間で1.4個のマイクロプラスチックを塩から取ったからといって、なにか起きるはずもありません。
まったく無視して大丈夫です。

日本の塩にマイクロプラスチックは少ない

もしマイクロプラスチックが心配ならば、塩なんかに気を取られるよりも、もっと気をつけたほうが良いものがあるでしょう。
不織布マスクなんて、まさにマイクロプラスチックの塊ですよ。

四六時中マスクしながら、塩のマイクロプラスチックを心配しているとしたら滑稽としか言いようが無いですね笑

雪塩・ぬちまーすは逆浸透膜

沖縄産の海塩で有名な、雪塩・ぬちまーすは共に逆浸透膜を利用しています。

海水を逆浸透膜で濃縮した後、ろ過して蒸発させることで塩を作っています。

さらに雪塩の場合は海水を直接汲み上げるのではなく、土壌に浸透した地下海水を利用していますから、土壌によるろ過作用も加わっているはず。
この点から考えても、心配は少ないと思います。


海の精・伯方の塩は濾過膜

伊豆大島の海の精、伯方島の伯方の塩は、海水を濾過膜で綺麗にしてから平釜で蒸発させて作っています。

天日干しだけでなく、ろ過して濃縮した海水を利用しているのは同じなので、こちらも不純物は取り除けているでしょう。

世界の塩のマイクロプラスチック

最後に、世界の塩のマイクロプラスチック含有量も、これまでの研究結果からまとめられています。

クロアチアの27,000~31,680個/kgというのは、どう考えても異常
たまたま質の悪い検体に当たったか、製造過程で誤って混入したとしか思えません。

世界の海で最も海洋プラスチック濃度が高いのが、東アジア~東南アジアと言われており、その元凶である中国産の塩は600個/kg
台湾が1300個/kg、インド洋が600個となっており、この辺が特にマイクロプラスチックが多い地域でしょう。

中国南部や東南アジアでは、塩田で天日干しだけで塩を作っていますから、ろ過が不十分で塩にもマイクロプラスチックが残っていると思われます。

不安であればこれらの塩は避けて、日本製を選んだほうが良いかも。
どちらにしても、塩に含まれるマイクロプラスチックなど些細なもので、そこまで気にするものでは無いでしょう。

安心して買って大丈夫です

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. 米の品種別アミロース含有率を一覧で見る。ダイエット向きで美味しい米とは

    米の品種別アミロース含有率を一覧で見る。ダイエット向きで美味しい米とは

  2. もち麦と押し麦はどっちが良いか?胚芽押麦という選択肢も

    もち麦と押し麦はどっちが良いか?胚芽押麦という選択肢も

  3. キシロースの危険性と安全性のまとめ

    キシロースやソルビトールは安全性が高く危険ではない甘味料

  4. 【塩の選び方】自然塩・精製塩・再生加工塩

    【塩の選び方】天然塩・精製塩・再生加工塩の違い

  5. 凄いぞ!ORYZAEフードコスメのグラノーラを感謝して食べた口コミ

    凄いぞ!ORYZAEフードコスメのグラノーラを感謝して食べた口コミ

  6. 雪塩とぬちまーすの決定的な違いは一点だけ

    雪塩とぬちまーすの決定的な違いは一点だけ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
認定ダイエットインストラクター
医薬品登録販売者
健康管理士一般指導員
公認サプリメントアドバイザー
健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。