MCTオイルでダイエットする方法とは?多くの人が間違えるポイント

MCTオイルでダイエットする方法とは?多くの人が間違えるポイント

こんにちは。
日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーのサファリです。

最近「MCTオイル」が流行っていますよね!
日清オイリオのMCTオイル

日清オイリオのMCTオイルもかなり売上が伸びているそうです。
MCTオイルはダイエットにも活用しやすく、美容や健康意識の高い方にも売れています。

ただ、そうしてMCTオイルを買っている人たちが、本当に「MCTオイルとは何か?」を理解しているのか?

なんとなく身体に良さそうだから
なんとなくダイエットできそうだから

という感じで漠然とMCTオイルを買っている人が多い気がします。

当然ながら、MCTオイルも「油」であることに変わりありませんから、飲みすぎれば太るし身体に悪いです。

MCTオイルをダイエットに活用する場合に、どんな方法ですればいいのか?
多くの人が間違えるポイントと共に解説します。

MCTオイルは分解しやすく燃えやすいオイル

MCTオイルとは何か?一言でいうと
「分解しやすく燃やしやすいオイル」

燃やしやすいとは、もちろん火が付きやすいという意味ではなく、人間のエネルギーとして燃えやすいという意味です。

そもそも「MCT」とは「Medium Chain Triglyceride」の略で、日本語では「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」と言います。

我々が普段口にしている食用油脂(サラダ油、オリーブ油、動物性脂肪、植物性脂肪)のほとんどは「長鎖脂肪酸(ちょうさしぼうさん)」というもの。

長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の違いは何かというと「分子構造の長さ」です。

ひとつの分子を構成する炭素の鎖が、長いのが長鎖脂肪酸、やや短いのが中鎖脂肪酸です。

そして中鎖脂肪酸は、分子構造が短い分、胃腸の中で分解しやすいという特徴を持っています。

中鎖脂肪酸を使ったMCTオイルは、一般的な食用油に比べて分解しやすく吸収が早い、そのためエネルギーとして燃えやすいという特徴を持っているのです。

MCTは中鎖脂肪酸

MCTオイルがダイエットに向いている理由

MCTオイルがダイエットに向いているとされる理由は、一般的なサラダ油やオリーブ油に比べて、食べた後に速やかに分解されて燃焼するからです。

研究によると、MCTオイルはサラダ油に比べて6倍早く吸収されるため、食べた後に体脂肪として蓄積しづらく、エネルギーとして燃えてしまうのです。

このため、今まで使っていたサラダ油やオリーブ油をMCTオイルに替える事で、油の取りすぎ、脂肪の蓄積を防ぎやすくなります。

MCTオイルダイエットのありがちな間違い

MCTオイルを使ったダイエットが流行っていますが、多くの人がやりがちな間違いが、まるでダイエットサプリのようにMCTオイルをいつもの食事にプラスするという取り方。

MCTオイル自体は、長鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸を使っているというだけで、「脂質」であることには変わりありません。
このため、1gで9kcalものカロリーがあります。


いつもの食事にさらにMCTオイルをプラスしても、痩せるはずはありません。

MCTオイルダイエットMCTオイルでダイエットをするなら、今まで使っていたオイルを使うのを辞めて、MCTオイルに置き換えてください。

それまで使っていた長鎖脂肪酸の油をやめ、分解しやすいMCTオイルに置き換えることで、いつもの食事から無理に油分を減らすこと無く、実質的な脂肪の蓄積を抑えやすくなります!

糖質制限ダイエットにMCTオイルを活用する!

今までの食用油をMCTオイルに替えるだけでもある程度のダイエット効果はありますが、より効率的にダイエットするなら、糖質制限ダイエットにMCTオイルを活用するのがオススメです。

糖質制限ダイエット糖質制限とは、その名の通り糖質や炭水化物の摂取量を減らすダイエット
完全にカットするのではなく、ある程度減らすだけでもダイエット効果はあります。

糖質は人間の主要なエネルギー源なので、その糖質を減らせば体脂肪を燃やして生きるしかなくなるので、比較的早く体重を落とせるんです。

MCTオイルで糖質制限中のエネルギーを確保

糖質制限は一番のエネルギー源である糖質を減らして体脂肪を燃やすダイエットですが、その分エネルギー不足による身体の不調を感じやすくなります。

健康のためのダイエットで体調不良になっては本末転倒なので、ダイエット中でもエネルギー確保は大切。
そこで活躍するのがMCTオイルです。

糖質制限でもMCTオイルMCTオイルは、普通の油に比べても分解しやすくエネルギーになりやすいので、糖質制限ダイエット中のエネルギー源として非常に優れているんです。

一時期大ブームになった「バターコーヒーダイエット」も、このMCTオイルを活用したもの。
無糖コーヒーにMCTオイルとグラスフェッドバターを入れたものを朝食として置き換える事で、朝食をカットしながらエネルギーはしっかり確保できるという優れたダイエット法です。
バターコーヒー

当然ですが、食事をそのままにMCTオイルを飲むだけでは痩せません。
食事から炭水化物を減らした上で、その分のエネルギーを補うためにMCTオイルを活用する事に意味があるんです。

MCTオイルは無理のないダイエットに使いやすい

MCTオイルは、特別なサプリメントと言うよりは日常的に料理に使う油でありながら、うまく使えばダイエットに活用しやすいオイルといえます。

油は1gで9kcalもあるので、ダイエットならなるべく減らしたいものですが、現代の食生活で完全に油を排除することは難しいでしょう。

いつもの食事を極力変えること無く、つかう油をMCTオイルに切り替えるだけでも、無理のないダイエットが出来る。

もっと早く効果を出したいなら、糖質制限の摂取量をやや減らした上で、MCTオイルでエネルギーをカバー

このように、比較的無理をすることのないダイエットに使いやすいのが、MCTオイルの大きな利点ですね!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. バターコーヒーダイエットのやり方と痩せる原理

    バターコーヒーダイエットのやり方 痩せる方法と原理を解説する

  2. おからパウダーダイエットのやり方と効果について

    おからパウダーダイエットで痩せる方法と原理を解説する

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら