国産菊芋サプリ『金の菊芋』は飲みやすくて血糖値にも期待大

国産菊芋サプリ『金の菊芋』は飲みやすくて血糖値にも期待大

国産の菊芋サプリ『金の菊芋』は、イヌリンサプリとして初めて機能性表示食品の認可を取得しています。

イヌリンは食後血糖値の上昇を緩やかにする効果が知られており、金の菊芋は臨床試験でも実証済み。実際に購入してみて、飲みやすさなどのレビューとエビデンスについてまとめました。

金の菊芋の評価

  • 100%九州産の菊芋を使用
  • 錠剤なのに99%は菊芋で出来ている
  • 粒が小さくて飲みやすく価格も良心的
  • 臨床試験で血糖値への効果実証済み

▼購入はこちら▼

金の菊芋公式サイト

金の菊芋は100%九州産の菊芋を使用

金の菊芋

菊芋の主成分であるイヌリンは、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる働きが知られています。 血糖値が気になる方に選ばれている「金の菊芋」原料は、九州地方で農薬不使用栽培で育てられ、品質を徹底管理した菊芋だけを使用。

『金の菊芋』が人気の理由も、実際に商品を手にとって見ると次の3点が大きいと思います。

【金の菊芋の特徴】

  1. 九州の提携農家で無農薬の菊芋使用
  2. 錠剤なのに菊芋99%の高純度
  3. 錠剤が小さくて飲みやすい

①九州の提携農家で無農薬の菊芋使用

日本での菊芋栽培は九州がメッカで、その九州・福岡に本社を置く『ナチュレライフ』は九州産野菜を使った健康食品を数多く発売しています。中でも九州産菊芋を100%使用した『金の菊芋』は、日本産イヌリンサプリとしてはトップクラスの人気を誇っていますね。

なおナチュレライフの九州産野菜100%の健康食品としては、他に『ドクターベジフル青汁』『百才の黒にんにく』がありますよ。

②錠剤なのに菊芋99%の高純度

金の菊芋は、錠剤(タブレット)タイプのサプリメントです。一般的に錠剤はデキストリンなどのデンプンを使って成形しますが、金の菊芋はなんと「菊芋99%」という驚きの配合率。菊芋のデンプンのみで成形しており、表面加工のステアリン酸カルシウムがわずかに入っているだけ。

余計な添加物が何も入っていないため、菊芋パウダーをそのまま食べているのと同じ!それでも錠剤にすることで持ち運びが便利になったり、水ですぐに飲めるのはありがたいですよね。

③錠剤が小さくて飲みやすい

金の菊芋の錠剤

金の菊芋の錠剤はとても小さく、高齢者でも飲み込みやすい形状になっています。1日分は7粒目安ですが、7粒一気に飲んでも全然問題ありませんでした。

サファリ
サファリ
大きすぎる錠剤だと、飲み込むのが辛い場合もあるので、この気遣いはありがたいです。

▼購入はこちら▼

金の菊芋公式サイト

金の菊芋のデメリット=イヌリン配合量が少ない

イヌリンサプリとしては国内随一の人気を誇る『金の菊芋』ですが、デメリットもあります。

特に類似商品の『前田の菊芋』に比べて、イヌリンの配合量が少ないこと。『金の菊芋』の1日分のイヌリン配合量は750mgで、これは『前田の菊芋』の半分以下となっています。

ドイツ産の菊芋に比べるとイヌリン量が少ない

金の菊芋のイヌリン配合量が少ないのは、九州産の限界なのかも知れません。『前田の菊芋』は菊芋の原産地であるドイツ産の菊芋を100%使用しており、そもそも原料である菊芋自体のイヌリン含有量もが違うんですね。

ドイツでは菊芋は「トピナンブール」と呼ばれ、古くから健康食品として親しまれてきた歴史があります。北ドイツの寒冷な気候と広大な農地で育った菊芋に比べて、どうしても九州産ではイヌリン含有量も少なくなってしまいます。

金の菊芋のイヌリン量でも血糖値の上昇抑制は確認済み

前田の菊芋に比べてイヌリン含有量が少ないのは『金の菊芋』のデメリットですが、それでも金の菊芋の「食後血糖値の上昇を緩やかにする効果」は、科学的に実証されています。
イヌリンの臨床試験グラフ
『金の菊芋』の商品そのものを用いた臨床試験により、食後血糖値の上昇が緩やかになることが確認され、この論文は医学誌『診療と新薬』に掲載されました。

既報では、負荷食品摂取前後の血糖値の変化量を群間比較した結果、介入前と12週後の食後30分血糖値に関して、介入群はプラセボ群よりも上昇が有意に抑えられたが、本解析においても
①12 週後の介入群の食後 30 分血糖値はプラセボ群よりも上昇が有意に抑えられた。さらに
②摂取前から食後120分までの血糖値の変化を比較した結果、12週後に群間の有意な差がみられた。また、
③⊿AUCを比較した結果、12週後の食後30分⊿AUCと60分⊿AUCに関して介入群はプラセボ群よりも上昇が有意に抑えられた。
引用:『診療と新薬』

この臨床試験の被験者は「空腹時血糖値126 mg/dL未満または食後 2 時間血糖値200 mg/dL 未満」という条件で、重篤な糖尿ではなくとも血糖値が高めの方が選ばれています。

サファリ
サファリ
それでいて『金の菊芋』により有意な変化が確認されているので、血糖対策をはじめようとする方にはピッタリなイヌリンサプリと言えますね。

菊芋サプリ初の機能性表示食品

『金の菊芋』は、消費者庁に届け出を済ませた機能性表示食品です。菊芋サプリではじめて機能性表示食品を取得しており、この点が他のサプリと大きく違う点。積極的な臨床試験も行うなど、正しい情報を届けようとする姿勢がいいですね。
機能性表示食品の届け出表示

糖対策のイヌリンは朝の摂取がおすすめ?

早稲田大学の研究チームによると、イヌリンを摂取するタイミングを「朝食前」と「夕食前」で比較したところ、夕食前グループでは血糖値上昇抑制の効果は夕食でしか見られなかったものの(翌朝には効果消失)、朝食前グループでは昼食、夕食でも血糖値上昇抑制が見られ、1日中効果が持続した事がわかっています。

これを考えると、金の菊芋も一日分を何回かに分けて飲むでのはなく、朝食直前にまとめて飲んだほうが良いのかも!

サファリ
サファリ
血糖値の日内変動を小さくする意味では、朝食前の摂取がおすすめですね。

金の菊芋は価格が安く安心して買える

金の菊芋は『前田の菊芋』に比べてイヌリン含有量が少ないデメリットはありますが、それでも血糖値への効果は実証済み。そして100%九州産菊芋を使用しながら、価格もやすくなっています。

1ヶ月分が3,610円で、前田の菊芋の半額近く。
さらに定期購入にすると、初回分が37%OFFで2,760円
定期購入の2回め以降は、3,200円

これは安い。

サファリ
サファリ
血糖対策は長期継続しないと意味がないので、買うのであれば定期購入一択です。

もちろん「強制的に5回継続」みたいな悪どい商法ではありませんのでご安心を。

さらに『金の菊芋』の公式ショップであるナチュレライフなら、全額返金保証が付きます。
血糖対策に試してみて、満足いかなければ全額返金保証だから安心。

ちなみに金の菊芋は楽天やAmazonでも購入できますが、全額返金保証と初回37%OFFはナチュレライフ公式ショップだけですので、購入するならナチュレライフがオススメですよ。

◯金の菊芋公式ショップはこちら
https://kinnokikuimo.jp/

金の菊芋は血糖値対策をはじめるなら続けやすくオススメ

金の菊芋のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

関連記事

  1. 菊芋は糖だけでなく中性脂肪やコレステロールにも効果があるエビデンス

    菊芋イヌリンは糖だけでなく中性脂肪やコレステロールにも効果があるエビデンス

  2. イヌリンで筋トレが捗る!プロテインと混ぜて整腸効果も

    イヌリンで筋トレが捗る!プロテインと混ぜて整腸効果も

  3. ドイツ産菊芋サプリ『前田の菊芋』はイヌリン含有量の多さが素晴らしいメリット

    ドイツ産菊芋サプリ『前田の菊芋』はイヌリン含有量の多さが素晴らしいメリット

  4. にんにく玉本舗の『菊芋粉末』は価格が高いがイヌリン豊富でメリット多い

    にんにく玉本舗の『菊芋粉末』は価格が高いがイヌリン豊富でメリット多い

  5. イヌリンサプリ『金の菊芋』と『前田の菊芋』を比較しておすすめを選ぶ

    イヌリンサプリ『金の菊芋』と『前田の菊芋』を比較しておすすめを選ぶ

  6. イヌリンとホエイプロテインで便秘やおならが改善した実感とエビデンス

    イヌリンとホエイプロテインで便秘やおならが改善した実感とエビデンス

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ
【保有資格】
・認定ダイエットインストラクター
・医薬品登録販売者
・健康管理士一般指導員
・公認サプリメントアドバイザー
・健康管理能力検定一級

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。

>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

サプリ評価別で探す

ダイエットsafariが評価したサプリ等の商品を評価ランクごとにまとめています。
星5評価
星4評価
星3評価

>評価基準についてはこちら

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。