スクワットの手の位置って意外と大事!効果が変わる3段階

スクワットの手の位置って意外と大事!効果が変わる3段階

こんにちは。サファリです。

自宅でも道具なしでも出来る筋トレの王道「スクワット」

キング・オブ・エクササイズと呼ばれるほど、下半身だけでなく腹筋や背筋にまで効果のあるトレーニング。

スクワットは、スポーツ選手からダイエットに励む女性まで、幅広い層におすすめできるトレーニングです。

そんなスクワットはフォームの難しさ、奥深さも知られていますが、今回はスクワットの「手の位置」について解説します。

スクワットは「しゃがんで立つ」という、主に下半身の筋トレなので、手の位置については特に意識していない方も多いのでは?

意外と大事な、スクワットの手の位置
そして、手の位置によって難易度を3段階で帰る方法を紹介します。

動画も撮りましたので、Youtubeでもご覧ください

スクワットの手の位置で難易度と効果が変わる

スクワットの手の位置については、大きく分けで次の3つがあります。

スクワットの手の位置で変わる難易度と効果。
順番に紹介します。

スクワットの手の位置①水平に前に伸ばす(もしくは胸の前で組む)

②頭の後ろで組む

③手を上に挙げる

①手を水平に前に伸ばす(もしくは胸の前で組む)

①水平に前に伸ばす(もしくは胸の前で組む)
まず最も簡単で一般的な方法から。

スクワットの際の手の位置は、水平に前に伸ばすか、もしくは胸の前で組むのが最も簡単。
これはスクワットでしゃがむ際にお尻を後ろに引くのに対し、前に伸ばした手がカウンターウェイトになってバランスを取りやすいという意味もあります。

また、スクワットでは「腰を丸めない」という事も重要ですね。
腰を丸めないためには、胸を張る必要がありますが、手を前に出した姿勢は肩関節がフリーになっているため上半身もコントロールしやすいというメリットがあります。

スクワットのダメなフォーム例①

ダメなスクワット①
スクワットで最もありがちなフォームの間違いが、腰を丸めてしまうというもの。

人間の身体の構造上、しゃがんでいくとどうしても腰が丸まりそうになりますが、そこを腹筋と背筋の力で耐えるのがスクワットのポイント。

これによって、腹筋や背筋にまで筋トレ効果があるのです!

②手を頭の後ろで組む

③手を上に挙げる
スクワットの手の位置としては、こちらの方が有名かも知れません。
頭の後ろで手を組んでスクワットをしている写真など、一度は誰でも見たことがあるはず。

この手の位置だと、手を前に伸ばすのに比べて肩関節がロックされているため、上半身がやや窮屈になります。

その分「胸を張る」という体勢にはなりやすいですが、肩関節の柔軟性が低かったり、背筋力が弱い人はしゃがむときに腰が丸まりやすくなります。

手を前に伸ばす位置よりも、より背筋と腹筋の力が必要なフォーム。
頭の後ろで組むとやや難易度が上がりますね。

スクワットのダメなフォーム例②

ダメなスクワット②
フォームの間違いとしては①と同じなのですが、背中が丸まってしまうパターン。

スクワットでは手を前に伸ばすよりも、頭の後ろで組むほうが、より腰が丸まり安くなります。

この手の位置でどうしても背中が丸まってしまう場合、手を前に伸ばす位置にレベルダウンした方が良いでしょう。

別途、肩関節のストレッチや体幹の強化などが必要になります。

③手を上に挙げる

②頭の後ろで組む

スクワットで手の位置を上に挙げるやり方は知名度も低いため、見たことが無い方も多いでしょう。
ただ、自重スクワットの効果を高めるためには知っておきたいやり方です。。

両手を上に挙げ、目線は指先の方向に上げる
この手の位置を保ってスクワットを行います。

両手でバンザイしたような手の位置を保つには、背中の筋肉が大きく関与します。
その上でスクワットでしゃがんでいくとなると、背筋力、腹筋力ともに充分でないと姿勢を維持できません。

下半身だけでなく、首から下を総動員する筋トレとなります。

スクワットで下半身痩せ!だけでなく腹筋を割りたい、背中のぜい肉を落としたいなどの希望がある方もぜひ手を挙げる位置に挑戦してみてください。

スクワットのダメなフォーム例③

ダメなスクワット③
③のフォームでは、両手を上に上げるだけでなく、頭も指先を見て上に上げることが大事。
手は上がっていても目線が下がってしまうと、背中が丸まって腰を痛めやすくなります。

このフォームのスクワットでは、下半身だけでなく腹筋、背筋も使う意識を持っていないといけません。

呼吸を続けながらゆっくり確実にやってみてください。

ライザップのスクワット
このスクワットのやり方と手の位置、実はライザップのトレーナーから教わりました。

数多くの芸能人も実践しているスクワットですよ。

スクワットは下半身の筋トレだからと上半身も手を抜かず、今まで意識していなかった手の位置も考えてみると筋トレ効果は変わるはずです。

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. ライザップ式・自宅で出来るスクワットのやり方を紹介!

    ライザップ式・自宅で出来るスクワットのやり方を紹介!

  2. バランスボールスクワットについて

    バランスボールスクワットは女性のダイエットにはNGな理由

  3. 腹筋とお尻に効くスクワットのやり方

    腹筋・お尻に効く自宅スクワットのフォームを徹底解説

  4. 脇腹を引き締めるスクワット ローテーションスクワットのやり方

    脇腹を引き締めるスクワット ローテーションスクワットのやり方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら