ふるさと青汁で摂れるLPSが免疫力を強くする

ふるさと青汁のLPSとは

こんにちは。サファリです。

お気に入りの明日葉青汁「ふるさと青汁」について、さらに理解を深めるため成分についても解説します。
今回は、最近注目されている健康成分「LPS」について。

ふるさと青汁の口コミでは

・花粉症が良くなった
・アトピーが治まった

などの声もあり、免疫力を改善する作用も見られるようです。
青汁が花粉症に効くというのはよく聞きますが、なぜ免疫力が高まるのか?
その効果の秘密が「LPS(リポポリサッカライド)」

ふるさと青汁には、明日葉や桑の葉由来のLPSが多く含まれており、これが特に免疫力をサポートしてくれるというお話です。

ふるさと青汁のLPSは免疫に欠かせない物質

ふるさと青汁にも含まれるLPS(リポポリサッカライド)とは、自然界に存在する細菌が持っている成分で、人間の免疫力を保つのに欠かせない物質です。

LPSは、グラム陰性菌という細菌の外膜に存在する成分で、日本語では「リポ多糖」とも呼ばれています。
構造的には脂質と多糖類が結合していて、糖脂質と呼ばれる物質です。

グラム陰性菌は自然界に多く存在していて、古くから人間が食べる野菜や果物にも付着しているため、食事を通じて体内に摂取されます。

人間の身体には、腸内細菌や皮膚常在菌など数多くの細菌が住んでいますが、このグラム陰性菌もそのひとつで、そのグラム陰性菌から生まれるLPSは、特に人間の免疫力を高める成分として欠かせないものです。

人間の免疫力は、「マクロファージ」という細胞が侵入した有害物質を退治することで保たれています。
LPSには、マクロファージを活性化し、免疫力を高める効果があるのです。

これは病気だけでなく、花粉症をはじめとしたアレルギーやアトピーなどの免疫異常に対しても改善効果があると言われています。

リポ多糖(LPS)は、マクロファージ等の細胞表面にあるToll様受容体(TLR; Toll-Like Receptor)4を含む複合体によって認識されます。その後、様々なシグナル伝達を経て活性化した転写因子であるNFκBやIRFが核内へと移行し、TNF-αやインターロイキン(IL)など免疫系において重要な役割を持つサイトカイン遺伝子の発現を誘導します。
一方、免疫賦活成分として有名なβグルカンやペプチドグリカン、乳酸菌などはTLR2を介して同様の伝達が行われます。
マクロファージの活性化の指標となるNO産生能は、βグルカンなどと比較して1000~10000倍の活性があることが分かっており、LPSは免疫活性化を効率よく誘導します。
また、LPSによる免疫活性化は、自然免疫とTh1を中心とする細胞性免疫であり、Th2への分化は抑えられるため、アレルギーを結果的に起こりにくくすると考えられます。
株式会社東洋発酵HPより

花粉症

花粉症もアトピーもLPSの不足が原因?

人間の免疫力を保つのに欠かせないLPSは、自然界の植物や野菜・果物に多く含まれています。

しかし、近代になって人間は自然と関わる機会が減少し、食べる野菜や果物も農薬や精製によって栄養素が減少しているため、LPSの摂取量は激減していると考えられています。

2002年にヨーロッパで行われた研究では、田舎の子供と都会の子供を比較すると、都会の子供のほうが喘息やアトピーが多い原因として、田舎の子供は、グラム陰性細菌のLPSを乳幼児期に自然摂取することでアレルギー体質になりにくい事が裏付けられました。
Braun-Fahrlander C, Riedler J, Herz U, Eder W, Waser M, Grize L, et al. Environmental exposure to endotoxin and its relation to asthma in school-age children. The New England journal of medicine. 2002;347(12):869-77.

LPSを含むグラム陰性菌は、植物の表面や根に付着しており、植物が多い森のなかでは、空気中にも漂っています。
こういった自然豊かな環境で、空気中やオーガニックな野菜からグラム陰性菌を多く摂取することで、LPSにより免疫力が強化されていくのです。

ふるさと青汁で免疫強化

LPSは免疫ビタミンとも呼ばれる

LPSのように、近代化によって摂取量が減り、健康に支障が生まれたことが発見のキッカケになった栄養素といえば、いちばん有名なのは「ビタミン」です。

江戸時代、玄米を精米して白米を食べる習慣が広まったことで、江戸では「脚気」が大流行しました。
江戸に移住すると脚気になる。田舎に戻ると治る。

このため、脚気は「江戸患い」とも呼ばれ、昭和初期まで日本の国民病だったのです。

脚気の原因を研究した結果、原因は「ビタミンB1の不足」だったことが分かりました。
玄米の糠に含まれるビタミンB1を摂取しなくなったことで、日本人は慢性的なビタミンB1不足となっていたのです。

その他にも、長期間新鮮な野菜を食べられない航海士の間では、壊血病が深刻な問題でした。
これは、新鮮な野菜に含まれるビタミンCの不足が原因です。

このように、数万年をかけて進化してきた人類が、文明の発達と共に必要な栄養素を摂らなくなり、健康に支障が出るケースは枚挙に暇がありません。

LPSも、農業の近代化が進んだ1960年代以降に不足が深刻となり、自然が少ない都市部を中心に、アレルギーやアトピーなどの免疫異常を患う人が増えているのです。
日本でも、アトピー性皮膚炎、花粉症、食品アレルギーなどは、地方よりも都市部のほうが有意に罹患者が多いと言われています。

LPSは厳密にはビタミンではありませんが、、、

①生物の生存・生育に必須な栄養素→不足すると、疾病や成長に障害が出る。
②生体内で合成することができないので、外部から取り込む必要がある。
③炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物である。

というビタミンの定義ともピッタリ当てはまるため、「免疫ビタミン」とも呼ばれているのです。

ふるさと青汁は、このような免疫力を高めるLPSなどの天然成分を豊富に含む青汁です。
飲めば花粉症が治る!とは断言できませんが、効果はあるかも知れませんよ。
ふるさと青汁

ふるさと青汁でLPSを補給しよう

ふるさと青汁は、八丈島産のスーパーフードである明日葉をベースとし、桑の葉や大麦若葉などLPSを多く含む野菜を原料としています。
ふるさと青汁でLPSを補給して、免疫力をサポートすることで辛い花粉症の軽減に役立つかも?

⇒ふるさと青汁の購入はこちら

現代人は、自然とのふれあいが減り、LPSの摂取量が減ったことで、花粉症やアレルギー症の悪化を招いている可能性もあります。

特にダイエット中やトレーニーは免疫力が落ちがちですから、ふるさと青汁でLPSを補給し、しっかり身体をメンテナンスしていきましょう!

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. ふるさと青汁を飲んだら疲れにくくなった件

  2. ふるさと青汁の効果的な飲むタイミングを考えてみた

  3. ふるさと青汁

    ふるさと青汁の魅力と効果を徹底検証!ダイエットにも優しい?

  4. ふるさと青汁のカロリーは高い?いやいやそんな事はありません

    ふるさと青汁のカロリーは高い?いやいやそんな事はありません

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら