可変式ダンベルを比較して検証・価格、使いやすさからオススメを選ぶ

可変式ダンベルを比較して検証・価格、使いやすさからオススメを選ぶ

可変式ダンベル「ボウフレックス」「フレックスベル」「モーションズ」「パワーブロック」の4つを徹底比較して、実際に使っている動画もまとめました。

ダンベルプレートの付替えの手間を軽減し、自宅トレーニングの必須アイテムである「可変式ダンベル」
実際に使ってみなければわからない、価格以外のメリット・デメリットなど是非参考にして下さい!

執筆者サファリ・日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

【5・20在庫あります】ボウフレックスの可変式ダンベルはフィットネスショップで

スポーツジムの閉鎖が相次ぎ、自宅トレーニング人口が急増しています。これに伴い可変式ダンベルもAmazonや楽天市場では売り切れ続出して手に入らない状態です。

そんな中、ボウフレックス可変式ダンベルの正規品が「フィットネスショップ」では在庫があります!
フィットネスショップとは、ゴールドジムの日本法人であるTHINK FITNESSが運営しているネットショップで、ゴールドジム謹製グッズやその他のトレーニングアイテムを販売しています。

ゴールドジム運営の信頼できる会社で、間違いなく正規品(つまり価格も定価ですが)なので、ボウフレックスの可変式ダンベルが欲しい方はこちらをチェックして下さい。

「ボウフレックス可変式ダンベル」をフィットネスショップで見る

可変式ダンベル人気メーカー4社を徹底比較!

自宅トレーニングの必須アイテム「可変式 ダンベル」の主要メーカー4社を徹底比較しました。
価格だけでなく、実際に使っている人の口コミを精査して使用上のメリット・デメリット。
「持ちやすさ」「安全性」「使い勝手」「細部の作り込み」なども詳しく調査しています!

メーカー 形状 2個セット価格
ボウフレックス ダイヤル 136,400円
フレックスベル ハンドルロック 62,800円
モーションズ ダイヤル 51,900円
パワーブロック ピン 128,700円

価格は全て正規品の販売価格を、楽天やAmazonで調査した実売価格になります。
特に海外製の可変式ダンベルは価格が変動しやすく、在庫状況も刻一刻と変わるのでこまめにチェックして下さい!

ボウフレックス、フレックスベル、モーションズ、パワーブロックの順に、それぞれの可変式ダンベルのメリット・デメリットや使い勝手を解説してきます。

ボウフレックスの可変式ダンベル=ダイヤル式ダンベルの先駆け

ボウフレックス可変式ダンベル

最大重量 41kg
価格 68,200 円(1個)
調整段階 2~3kgづつ
メリット・重量調整が簡単
・重心特性がダンベルと同じ
・調整段階が細かいが細かい
デメリット・値段が高い
・膝に載せづらい
・グリップ以外が持ちにくい

ボウフレックスはアメリカ発の可変式ダンベルで、ダイヤルを使って一発で重量が調整できるのが最大の魅力。
形状がダンベルと同じなので、重心特性も同じでダンベルを使う種目はほぼ全て出来ます。

ただし普通のダンベルよりもシャフトが長いため、ダンベルスクワットのようにグリップ以外を持って行う種目は若干やりずらさがあります。

それと先端のダイヤル部分が小さいため、高重量のダンベルベンチプレスなどの際に膝に載せづらいのがデメリット。

安価な類似品は、プレートを止める一番大事な部品が樹脂製なので、使用中に落下した事例があります。
ダンベルプレスなんかをやってるときに、プレートが落下したら怖すぎますね。

購入するなら、高くても正規品をオススメします。

ボウフレックスのレビュー動画

【5/20在庫あり】「ボウフレックス可変式ダンベル」をフィットネスショップで見る

フレックスベルの可変式ダンベル=洗練されて使いやすいデザイン

フレックスベル可変式ダンベル

最大重量 32kg
価格 31,400円(1個)
調整段階 4kg
メリット・膝に載せやすい
・ダイヤルよりも調整が簡単
・重心特性がダンベルと同じ
デメリット・片側32kgまでしか無い
・プレートの角が鋭くて痛い
・調整が4kg刻みになる

フレックスベルはスウェーデン製の可変式ダンベルで、ダイヤル式ではなくハンドルを回すことでプレートを付け替えます。
一番外側のプレートは真っ平らで大きさも十分なため、膝に載せやすいのがデザイン上の大きなメリット。

ただし、そのプレートの角取りがしていないため、肌に触れると痛いという口コミが多いですね。
厚手のスウェットなどを履いていれば問題ないそうですが。

デザインも格好よく、ダイヤル式の「膝に載せづらい」デメリットも解消した素晴らしい商品ですが、重量が32kgまでしか無いのが問題。
上級トレーニーにとっては物足りないかも知れません。

また、重量調整が4kg刻みなので、両手に持ったら8kg刻みになってしまいます。
発売予定の新型では2kg刻みになるそうなので、これから買うなら新型をオススメします!

フレックスベルのレビュー動画

「フレックスベル可変式ダンベル」をAmazonで見る

モーションズの可変式ダンベル=圧倒的なコスパの良さ

モーションズ可変式ダンベル

最大重量 40kg
価格 51,900円
(2個+スタンドセット)
調整段階 2~3kg
メリット・価格が安い
・重量調整が簡単
・重心特性がダンベルと同じ
デメリット・膝に載せづらい
・グリップ以外が持ちにくい
・プレート同士がぶつかりやすい

モーションズは日本のメーカーで、ボウフレックスのようなダイヤル式ダンベルを圧倒的な安価で販売しています。
40kgの可変式ダンベルが2個セットに、専用スタンドまで付いて5万円台!
この圧倒的なコスパが最大の魅力ですね。

可変式ダンベルの形状はボウフレックスと同じなので、メリットもデメリットも同じです。
ダイヤルで素早く正確に重量調整出来るのは便利ですが、膝に載せづらい、シャフトが長くてグリップ以外の部分が持ちにくいデメリットは同じ。

加えて安価な分、台に戻す際にプレート同士がぶつかりやすく、引っかかるストレスがあります。
この点など、ボウフレックスに比べて細部での作りの粗さが目立ちますね。

そのデメリットを考慮しても、圧倒的なコスパに惹かれて購入する人が多数!
個人的にも、最初に可変式ダンベルを買うならファーストチョイスかなと思います!

モーションズのレビュー動画

「モーションズ 可変式ダンベル」を公式サイトで見る

パワーブロックの可変式ダンベル=

パワーブロック可変式ダンベル

最大重量 41kg
価格 128,700円
(2個セット)
調整段階 2kg~4kg
メリット・膝に載せやすい
・重量調整が簡単
・ダイヤル式より安定する
デメリット・価格が高い
・重心特性がダンベルと違う
・細かい重量調整が面倒

パワーブロックはアメリカで発明され、「可変式ダンベル」の概念を初めて世間に送り出した画期的商品です。
トレーニングマシンがピンの抜き差してウェイトを調整することに着想を得て、ピンを使って一瞬で重量を調整できるのが便利なポイント。

ダイヤル式と違って、ピンをしっかりと差し込むので使用中に落下するリスクが少なく、安全性は最も高いと言えます。
また、一番外側のプレートが大きく真っ平らなので膝に載せやすいのもポイント。
高重量のダンベルベンチプレスなども楽に出来ますね。

最大のデメリットは価格が高いことで、安価な類似品もありますが「グリップが滑る」「プレートが引っかかって抜きづらい」「ゴム臭い」などの不満点も少なくありません。
長く使うことを考えたら、高価であっても正規品がおすすめですね。

パワーブロックのレビュー動画

「パワーブロック可変式ダンベル」を楽天市場で見る

可変式ダンベルで快適に宅トレしよう

ボウフレックス、フレックスベル、モーションズ、パワーブロックの4つの可変式ダンベルを比較して紹介してきました。
個人的には、財布に余裕があるならボウフレックス、安く済ませたいならモーションズがおすすめですね。

スポーツジムのように、2kgごとのダンベルをズラーッと並べるのが一番いいのですが、自宅でそれは無理。
プレート付け替えも面倒でやってられないので、やはり宅トレに可変式ダンベルは必須です。

メリット・デメリットを考えた上、気に入った可変式ダンベルで宅トレライフを充実させましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

関連記事

  1. 本当に静かなコナミの静音エアロバイク「ai/ai-ex」がすごい!

    本当に静かなコナミの静音エアロバイク「ai/ai-ex」がすごい!

  2. コナミの足だけエアロバイク、背もたれ付きで便利!

    コナミの足だけエアロバイク、背もたれ付きで便利!

  3. ルートローラーで脚のむくみは取れるのか?

    【1万5千円OFF】ルートローラーで脚のむくみは取れるのか?

  4. 大山式ボディメイクパッドを使ってみた

    大山式ボディメイクパッドを試してみた!美脚効果はあるの?

  5. ホームジムにおすすめの激安パワーラックセットを紹介!

    ホームジムにおすすめの激安パワーラックセットを紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
村上 哲也
ペンネーム:サファリ

【保有資格】
・健康管理士一般指導員
・日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー
・健康管理能力検定一級


筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。


>詳しいプロフィールはこちら

インスタはじめました!

Instagram
@diet.safari

サプリ評価別で探す

ダイエットsafariが評価したサプリ等の商品を評価ランクごとにまとめています。
星5評価
星4評価
星3評価

>評価基準についてはこちら

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。