白熱の守り合い!ラグビー南アフリカ対ウェールズ戦の感想

サファリ雑談

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

今夜はラグビーワールドカップ2019の準決勝、南アフリカ対ウェールズの試合でした。

筋トレも午前中に済ませてテレビ前で待機。
試合開始前から、両チームともテンションマックスでしたね。

いやー熱い試合だった。
日本を倒した南アフリカを応援していたんですが、最後までわからなかったですね。
ウェールズ対南アフリカ

南アフリカ対ウェールズ 試合の感想

南アフリカ対ウェールズの試合は、イングランド対ニュージーランド戦と違ってやや固い立ち上がり。

スクラムも全く互角で動かない
両者とも相手に先制パンチを食らわない締まった戦いになりました。

ペナルティゴールで南アが先制するものの、ウェールズもすぐさまペナルティゴールで追いつく。
どちらも相手のディフェンスを突破できないような試合です。

それでもやっぱり、日本戦で大活躍だったデクラークは目立っていましたね。
スクラムハーフは小柄な選手がやることが多いですが、巨人揃いの南アのなかでひときわ小柄。

それでも相手の巨体に全くひるまないし、タックルにもいくしハイボールも競りに行くし。
自分で蹴ったボールを自分で競りに行くスクラムハーフって凄くないですか?

それにしても、今回の南アフリカはラインアウトが強いですね。
日本もラインアウトからのモールには相当苦しみましたが、今回の相手はさすがのウェールズ
力勝負でも南アのモールに押されません。

前半はお互いペナルティゴールでしか点が取れず、膠着した展開になりました。
それでも要所要所で激しいプレーが見られ、決して退屈な試合ではありません。

ウェールズも前半で肉離れが出るなど、激しい戦いでした。
今思えば、ウェールズは試合前、試合中にけが人が多かったことが痛いですね。

そして後半早々、デクラークの珍しいキャッチミスは気になりました。
まあ靴紐解けてたんですけどね。

その後、両者がエキサイトしたシーンでは、ウェールズの巨人相手に胸ぐら掴んで食いかかっていくデクラーク凄すぎw
チームメイトも大男だから慣れてるんでしょうか?
あの勇気は凄いですよね。
身体の小ささを全くハンデにしていない。

南アフリカのトライ
後半の見せ場は、南アの初トライ!
完全にパワー勝ちでしょうか。
多少引っ張られたくらいじゃ全く倒れない。
絡まれても、相手を引きずりながらトライに持ち込むのは、やっぱりフォワードの醍醐味ですね。

しかしここからウェールズの反撃もすごかったですね、
相手陣内5mの位置で、ひたすら押し込む。
南アも最後の5mは絶対割らせないディフェンスがすごかったですが、とにかくウェールズは相手が反則するまでひたすら真ん中を押し込む!

ついに南アの反則があり、ペナルティを得るも、
ペナルティゴールを狙わずにあえてスクラムでトライを狙うウェールズ!
観客も大盛りあがりの熱い展開でした。

しかも、そのスクラムから実際にトライを取っちゃうウェールズ!
カッコ良すぎる。

しかし、やっぱり強かった南アフリカ。
ペナルティゴールをポラードがしっかり決めて決勝点。

やっぱりお互いディフェンスが強いゲームでは、トライよりもペナルティゴールが試合を決めますね。

そして今大会の南アフリカは、ラインアウトの強さが際立っています。
ウェールズの反撃を潰えさせたのは、やっぱり最後のラインアウトでしょう。

やっぱりラグビーってラインアウトがすごく重要なんですね。

決勝はイングランド対南アフリカとなりましたが、どちらにも「走れるスクラムハーフ」がいますね。

スクラムハーフ同士の対決も楽しみな決勝になってきました!
これは見逃せない対戦ですね。

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

村上哲也(サファリ)

・認定ダイエットインストラクター ・医薬品登録販売者 ・健康管理士一般指導員 ・公認サプリメントアドバイザー ダイエットや筋トレに役立つサプリメントの他、健康情報も収集し続けてアップデート中。各SNSをフォローしてもらえると、最新情報をお届けできます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

村上哲也(サファリ)

結婚を機に無添加生活にもハマりました。100%は無理なので50%避けることを目指しています。健康な細マッチョを目指したい方のサポーターです!

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。
TOP