EAAXは良いサプリだが値段が少し高い

EAAXは良いサプリだが値段が少し高い

こんにちは。
日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーのサファリです。

一番星ショップで販売している筋トレサプリの「EAAX」について、レビューしたいと思います。

EAAXについて

アミノ酸サプリは数多く発売されていますが、中でもこのEAAXはアミノ酸の配合量が多く、筋トレサプリとしては効果も期待できるものと思います。

ただ、このEAAX
少し値段が高いのが難点かも。

EAAXのメリット・デメリットについて、詳しくレビューしていきます!

EAAXの特徴 EAAって何?

筋トレサプリ「EAAX」の特徴を解説するに当たり、まず根本的に「EAAって何?」というところから説明します。

EAAとは、「Essential amino acid」の略で、日本語では「必須アミノ酸」

私達が普段「筋肉にはタンパク質!」と言ってお肉や卵やプロテインやらを一生懸命食べていますが、そのタンパク質は消化器の中でいくつものアミノ酸に分解されます。

人間の筋肉の材料になるアミノ酸は20種類。

その20種類のうち、9種類は体内で合成できないので、必ず食事から摂取しなくてはいけません。
よって、この9種類を「必須アミノ酸」と言うのです。

逆に言えば、残りの11種類は必須アミノ酸を材料に合成できるので、必ずしも食事で摂取する必要はありません。

9種類の必須アミノ酸ロイシン、バリン、イソロイシン、リシン、スレオニン、メチオニン、フェルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン

EAAXは、この9種類の必須アミノ酸を全て配合した、筋トレのためのアミノ酸サプリです!



EAAXの効果とは

EAAXは、9種類の必須アミノ酸を網羅したアミノ酸サプリ。

その効果は、筋肉に材料やエネルギー源を供給することです。

EAAXは必須アミノ酸を網羅したサプリ

プロテインとEAAXの違い

最近では、筋トレだけでなくダイエットや健康維持目的でも、プロテインを飲む人が増えてきました。
一般的なホエイプロテインは、牛乳からタンパク質を抽出したもの。

純粋なアミノ酸サプリ
プロテインはタンパク質の塊ではありますが、その中には牛乳由来の乳糖や脂肪や、その他の微量栄養素も含まれています。これらの「必須アミノ酸以外の余計なもの」を全て排除したのがEAAサプリであり、EAAXであると言えます。

EAAXはプロテインに比べ吸収が極めて早い

プロテインに比べてEAAXの最大のメリットは、必須アミノ酸以外の余計な栄養素を極力排除しているため、飲んでからの分解・吸収が極めて早いということ。

大塚製薬の実験によれば、アミノ酸サプリは飲んでから30分ほどで血中のアミノ酸濃度がピークになるため、トレーニングを始める直前やトレーニング中の栄養補給に適しています。

EAAXは筋トレ中に!筋トレでは筋肉に強いストレスをかけて酷使しますから、筋肉の損傷つまり異化分解が進みます。
しかし、トレーニング中にEAAXでアミノ酸を十分に補給しておくことで、この筋肉の分解を抑え、筋トレ中から筋肉の合成が進んでいくと考えられています。

プロテインならEAAXで摂れない栄養まで摂れる

EAAXがプロテインに劣る点を挙げるとするなら、必須アミノ酸以外の栄養素が補給できないという事です。

ホエイプロテインには、必須アミノ酸9種類に加え、非必須アミノ酸11種類も十分に含まれています。

非必須アミノ酸は、必須アミノ酸があれば体内で合成できるものですが、非必須アミノ酸もプロテインで摂れれば、必須アミノ酸の節約にも繋がるわけですから、効果は高まるに決まっています。

加えて、ホエイプロテインであれば牛乳由来の乳糖や脂肪、ビタミン、ミネラルなど。
ソイプロテインであれば、大豆由来のイソフラボンやサポニンなどを摂ることができます。

ただ、ほとんどの人はサプリだけで生活しているわけではく、普通の食事を食べています。
肉や魚などには、プロテインとは比べ物にならないほど豊富な栄養が含まれているため、一般的な食事をしっかり摂っているなら、プロテインの重要度はそこまで高くないとも言えます。

EAAXのまとめ

ここまでのまとめ EAAXがおすすめな人とは?

・EAAXは筋トレ前の数時間に食事を摂れない人に特におすすめ
・仕事帰りなどにジムに行く人は、トレ前トレ中にEAAXでアミノ酸を補給すべし
・普通の食事を3食食べていれば、EAAXだけで十分でプロテインはいらない

EAAXは、プロテインに比べて吸収が極めて早いというメリットを考えると、筋トレをはじめる数時間から食事を摂れないという方に特におすすめです。

例えば、仕事帰りなどにジムに行く方。

仕事中にお昼ごはんを食べて、その後数時間なにも食べず、ジムに行くとなると、トレーニングを始める頃には体内のエネルギーはかなり減っている状態です。
この状態で筋肉にストレスをかけると、筋肉の萎縮が進んでしまうため、EAAXでアミノ酸を素早く補給しておきましょう。

>>EAAXの購入サイトはこちら

EAAXがいらないケースは?

逆にEAAXが必要ないのは、筋トレ前にしっかり食事を食べられる場合。

あまりに直前すぎると胃が持たれて運動できないし、栄養も吸収しきれないのでマズイですが、1時間前くらいにしっかり食事を取れる場合は、体内にエネルギーが満たされた状態で筋トレできるので、EAAXのようなサプリは特に必要ないと思います。

この場合、吸収も早すぎる必要はないので、トレーニング後にプロテインを飲んでおけば十分でしょう。

EAAXはいいサプリだが値段は高いと思う

EAAXは、筋肉に必要な必須アミノ酸をしっかり配合したアミノ酸サプリとしては、効果も期待できるものと思います。

ただ、値段に関しては少し不満があります。

EAAXは、1袋500gで9800円

同じ日本国産のバルクスポーツのEAAは、1kgで13800円なので、比べるとかなり高いですよね。

さらに世界屈指のサプリメーカーであるマイプロテインのImpactEAAは1kgで8490円(マイプロテイン公式ショップの価格)
マイプロテインのEAA

半額以下になってしまいました。

マイプロテイン製品は、マイプロテイン公式ショップで買うのが一番安いです。
Amazonだと1,000円ほど高くなるのでご注意ください。

>>Amazonより安いマイプロテイン公式ショップはこちら

EAAXの一番安い買い方

単品だと高いEAAXですが、一番星ショップではEAAXは定期購入コースがあって、定期購入の場合だと2袋セットも選べます。
EAAXの2袋定期

EAAXの2袋セットEAAXの2袋セットの初回価格は、なんと980円
次回以降は2袋で16800円となり、1袋あたり8400円

EAAXの単品定期

EAAX単品定期EAAX1袋の定期購入だと、初回価格が1980円
次回以降は8900円となります。

定期購入してもバルクスポーツやマイプロテインが安いので、値段設定だけは弱いところだと思いますね。

>>EAAXの定期購入はこちら

EAAXの他にはない強み

EAAXの値段について悪く書いてしまったので、一応弁護もしておきます。

EAAXは、他社のEAAサプリに比べてメリットもあります。
それが、必須アミノ酸以外の成分。

マイプロテインもバルクスポーツも、入っているのはEAAのみ。
つまり、6g飲んだらEAA6gを摂取できるということ。

これに対し、EAAXは一杯10g中にEAA7g(7000mg)と表記されています。
では残りの3gはなにか?

ここには、ブドウ糖、バイオペリン、ビタミンB6、B2、B1などが入っています。

EAAXの成分

ここがEAAXの強みブドウ糖は知っての通り筋トレのような無酸素運動で大量に消費されます。
ビタミンB群は、糖質や脂肪をエネルギーに変えたり、筋肉を合成するのに必須の栄養素。バイオペリンは、黒胡椒から抽出された成分で、血行促進作用があると言われています。

このような、筋トレ・ボディメイクのサポートになるような成分も”オマケ”として入っているのがEAAX。
ここに価値を感じるかどうかで、値段が妥当かどうかが変わってきますね。

ブログランキング参加しています。
役に立ったと思ったらポチッとお願いします!

関連記事

  1. パーフェクトパンププロテイン4週目

    パーフェクトパンププロテインを飲んだ効果の感想 4週目

  2. パーフェクトパンププロテインの飲むタイミング

    パーフェクトパンププロテインは「トレーニング前」に飲むのが良いと思う

  3. ハナビラタケの効果とは?中高年女性に喜ばれる理由

    ハナビラタケの効果とは?中高年女性に喜ばれる理由

  4. デトカルボで痩せるための飲み方は?成分・効果を解説

  5. ふるさと青汁を飲んだら疲れにくくなった件

  6. からだ楽痩茶の成分とダイエット効果を詳しく解説

    からだ楽痩茶の成分とダイエット効果を詳しく解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら