令和2年筋トレ始めはフルレンジのベンチプレスから!

令和2年筋トレ始めはフルレンジのベンチプレスから!

こんにちは。サファリ(@diet_safari)です。

去年から始めた細マッチョへの道シリーズも、ついに年をまたぐ事になりました。

体育館がオープンして、やっとジムでの筋トレを再開できます。

スタートは、もちろんベンチプレスからです!

2020年1月6日のワークアウト日誌です。

2020年1月6日筋トレ日報

今日の筋トレメニュー

  • ベンチプレス:90kg 5×3
  • レッグプレス 10×3
  • シーテッドロウ 10×3

今日の筋トレ後の筋肉

ベンチプレスをフルレンジで再スタート

今日は年末年始の休み明けということで、軽めの重量ではじめました。

特にベンチプレスの重量は大幅に下げたのですが、これは久しぶりに「フルレンジ」でやったからです。

これまでにも何度か書いてきましたが、私はベンチプレスはハーフレンジでやっています。
理由は、肩の柔軟性の問題か何かで、高重量でフルレンジをやると左肩が痛くなってしまうから。

ジムのトレーナーに相談したら「痛いならフルレンジでやる必要なし。ただの筋トレならハーフで十分」と即答されたので、そのとおりにしているんですね。

別にベンチプレスの大会に出たいわけではなく、単に細マッチョを目指すために筋トレしているわけですから、身体に無茶をしてまでフルレンジでやる必要はないと言うことです。

なぜフルレンジのベンチプレスをはじめたのか

肩が痛くなるかも知れないのに、なぜベンチプレスをフルレンジで再開したのか?

それは、やっぱり「フルレンジで100kg」を挙げられるという事実を作りたかったからです。

肩が痛いからハーフでやってるのは、やっぱり一々説明しないと行けないじゃないですか。
ある程度筋トレ好きの人に「おれ、ベンチプレス100kgいけます」と言ってしまったら、それは100%フルレンジでの話です。

「肩が痛いからハーフレンジだけど、100kgいけます」では、認めてもらえません。
「それじゃ100kg挙がるって言わねーよ」と言われるだけです。

それではちょっと不満なので、新年ということで改めてフルレンジのベンチプレスを練習し始めた次第です。

結局フルレンジで100kg挙がるの?

ベンチプレス100kg

久しぶりにフルレンジでやってみたところ、どうにかこうにか100kg一発は上がりました。

ただ、フォームもブレブレでかなり不安定だったので、これは練習が必要です。
今まではハーフで止めて持ち上げていましたが、シャフトが胸につくまで下ろすと予想以上に大胸筋から力が抜けてしまいます。

これでは不安なので、まず90kgに落としてフルレンジの練習をしているところです。

ベンチプレス100kgを挙げる方法とまとめたい

近いうちに「ベンチプレス100kgを挙げるための方法」という記事をまとめたいと思っています。

やっぱりベンチプレス100kgって男なら憧れるところがあるので、記事の需要はあると思うんですよね。

そのためには、自分がフルレンジで100kg挙げてみないと話になりません。
既に筋力はあると思うので、あとはフルレンジでの練習を重ねれれば動画を撮っても恥ずかしくないくらいにはなると思います。

だれも期待していないと思いますが、ご期待下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。


ダイエットランキング

完全無料のメルマガで皆が知らない健康情報

みんなと超健康サロン みんなが健康だから医者に行かない。
病院は潰れるでしょうが、社会のあり方としては理想的なはずです。

テレビ新聞では知ることの出来ない、健康に役立つ情報を無料メルマガ(平日刊)で配信しています!
仕事や家事で忙しい方が本当の意味で健康を守るために利権や企業に忖度しない、日々の生活に役立つ健康情報や最新論文で裏付けられた健康法を分かりやすく解説するメルマガです。
完全無料。知っているかいないか。知識こそが自分を守ってくれます。
メルマガヘッダー

関連記事

  1. バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 細マッチョへの道

    バックプレスよりフロントプレスを選ぶべき理由 

  2. 加重懸垂は、ディッピングでなくトレーニングベルトで出来る

    加重懸垂は、ディッピングでなくトレーニングベルトで出来る

  3. ラットプルダウンは縦グリップで広背筋全体に効かせられる

    ラットプルダウンは縦グリップで広背筋全体に効かせられる

  4. 分割メニュー胸の日の筋トレは高重量から

    分割メニュー胸の日の筋トレは高重量からはじめる

  5. ベンチプレス100kg元ヒョロガリの僕が2年で上げるまで

    ベンチプレス100kg元ヒョロガリの僕が2年で上げるまで

  6. 今日の筋肉

    懸垂の回数を増やすトレーニング方法 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

引用について

当サイト内のコンテンツを他のHPで引用する場合、必ず引用元ページへのリンクをお願いします。 リンク無しでの引用は一切認められませんので、ご了承下さい。