女性の筋トレ!鍛えなくていい筋肉とは?

女性が筋トレで鍛えなくていい筋肉について

こんにちは。サファリです。

最近では「#筋トレ女子」というハッシュタグも大賑わいで、ダイエット、スタイルアップのために筋トレをされる女性が増えています。

こうしたボディメイクのために筋トレに励むのは非常にいいことですが、特に女性は筋肉の知識に乏しい方が多く、見よう見まねで筋トレをしていたら、思わぬところに筋肉がついて、望んでいない体型になってしまったという人もいます。

ここでは、世間一般の多くの女性が目指しているようなスタイルを目標にした場合、鍛える必要のない部位、筋肉をご紹介します。

予め断っておきますが、ここで紹介するのは、あくまでもサファリの経験から言って多くの女性が肥大することを望んでいない筋肉のことです。

個別的な目的をしっかりもって、鍛える分には何の問題もありませんので、ご了承ください。

女性の一般的なボディメイクなら鍛えなくていい筋肉

では、一般的な女性がボディメイクのために鍛える必要のない筋肉を順番に紹介します。

何度も言いますが、これはあくまでも「世間一般的に美しいとされる女性のボディ」を目指すためには必要のないということであって、読者の中でもそれぞれ別の目的を持って鍛える分には、何の問題もない筋肉です。

太もも前側(大腿四頭筋)

大腿四頭筋

太ももの前側を全面的に覆っている大腿四頭筋は、人体で最も大きな筋肉の1つです。

それだけに、筋トレすると肥大しやすい筋肉でもあります。
多くの女性は、太ももはほっそり引き締まっていることを望んでいるので、大腿四頭筋が肥大させすぎるのはマイナス。

また、女性の方は「女性は男性より筋肉が付きづらいから、太くなる心配はしなくていい」と聞いたことがあるかも知れませんが、大腿四頭筋に限ってはそうでもないので要注意です。
女性でも普通に肥大します。

最近、30日間スクワットチャレンジなるものが流行っていて、スクワットに励む女性が多いですが、スクワットはよほど意識したフォームでやらないと大腿四頭筋に効きまくります。

「大腿四頭筋」というくらいですから四つのブロックに別れているのですが、特に太もも外側の外側広筋、膝の上にボコッと膨らむ内側広筋は肥大すると非常に目立ちます。

足腰の筋肉は非常に重要ですが、高齢者でない限り、普通にあるける健康な方なら特別な筋トレは必要なく、とにかく「歩く」というだけで十分でしょう。

ふくらはぎ(腓腹筋)

腓腹筋

ふくらはぎのボッコリを形作っている腓腹筋は、歩行するために無くてはならない筋肉です。

女性の場合、ふくらはぎは太もも以上にほっそりしていることが望まれており、ふくらはぎの筋肉を落としたいという人もいるくらいです。

ふくらはぎが太くなってしまう理由は、脂肪の蓄積か「むくみ」です。

「ふくらはぎは重力に逆らって血液とリンパ液を押し返す第二の心臓」と聞いたことがある方も多いと思いますが、ふくらはぎに水分が溜まってむくむのは筋力不足ではなく、歩行不足のケースの方が多いです。

健康に歩けている人なら、ふくらはぎの筋肉がそこまで衰弱することはありません。
歩いて、ふくらはぎの筋肉が動くたびに、リンパは少しづつ押し返されていくのです。

一日数分筋トレすることよりも、日常の中で歩く歩数を増やしたほうが効果的です。

肩(三角筋)

三角筋

三角筋は、肩関節を前から後ろまでグルっと覆っている筋肉です。
体積の上では、実は上半身で一番大きい筋肉と言われています。

この三角筋は、身体のアウトラインを左右する筋肉で、三角筋が肥大すると肩幅が広くなります。

男性であれば、広い肩幅の逆三角形にあこがれて三角筋を鍛える人も多いですが、女性はそこまでガッシリしたくないという人のほうが多数。

また、肩は腕の根本にあるため、腕を使った筋トレでも多少は三角筋も刺激されます。
上半身の筋トレはほぼすべてが腕を使うため、三角筋への刺激はそれだけでも十分なのです。

バブリーな肩パッドスーツを着こなしたいわけでなければ、三角筋に絞ったの筋トレは特別必要ないでしょう。

力こぶ(上腕二頭筋)

上腕二頭筋

言わずと知れたマッスルアピール筋

二の腕をぐっと曲げた時に盛り上がる上腕二頭筋ですが、女性で大きな力こぶを作りたいという方は多くないでしょう。

男性でも、マッスルアピールのために力こぶばかり鍛える人がいますが、実は上腕二頭筋とうのは身体の中では小さな筋肉なので、ダイエットと言う視点から言えばほぼ無視しても良い筋肉です。

女性に多い悩みの「二の腕のタプタプ」に関しては、上腕二頭筋とは真逆の上腕三頭筋の衰弱が原因です。

二の腕の背中側に位置する上腕三頭筋は、日常生活で使う機会が少なく衰えやすい筋肉です。
ここのタプタプが気になっても、上腕二頭筋を鍛えては意味がないのでご注意を

関連記事

  1. チューブで脇腹を鍛えるパロフプレス

    トレーニングチューブで脇腹を鍛える自宅筋トレ「パロフプレス」

  2. 筋トレの効果的な頻度について

    筋トレの効果的な頻度 目的に応じた決め方の目安

  3. 腹筋ローラー立ちコロができるまで

    腹筋ローラー 立ちコロが出来るまでの段階別トレーニング方法

  4. トレーニングチューブで背中の筋トレ

    トレーニングチューブで背中を鍛えて猫背を治す自宅筋トレ3種目

  5. 立ちコロの効果と部位

    立ちコロのスゴイ効果とは?使う筋肉が多すぎる【腹筋ローラー】

  6. 脇腹を引き締めるスクワット ローテーションスクワットのやり方

    脇腹を引き締めるスクワット ローテーションスクワットのやり方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら