バターコーヒーダイエットのやり方 痩せる方法と原理を解説する

バターコーヒーダイエットのやり方と痩せる原理

こんにちは。サファリです。

バターコーヒーダイエットというダイエット法が話題になっていますね。
一部では「完全無欠コーヒー」などともも呼ばれ、『シリコンバレー式最強の食事』という本で、アメリカンエリートが生み出したダイエット法とされています。

どんなダイエット法でも、原理を知らず闇雲にやっても痩せるはずはありません。

バターコーヒーダイエットはどんな仕組みでダイエットしようというものなのか?
やり方と痩せる原理を解説します。

バターコーヒーダイエットのやり方

バターコーヒーダイエットで用意するものは以下のとおりです。
・コーヒー(インスタントでも可)
・グラスフェッドバター
・MCTオイル
・撹拌用のブレンダー(無くても可)

ホットコーヒーを淹れたら、そこにMCTオイル小さじ2~大さじ1程度とグラスフェッドバター10~15gを入れ、ブレンダーで撹拌してクリーミーに仕上げます。

これを「朝食」の置き換えとして飲む、というものです。

また、後述しますがバターコーヒーは「糖質制限(ケトジェニックダイエット)」と非常に相性がいいため、糖質制限と合わせて行うのが基本です。

朝食を食べずにコーヒーだけで済ませ、さらに糖質制限も行うというのがバターコーヒーダイエットです。

バターコーヒーダイエットで痩せる仕組み

まず単純に、朝食をバターコーヒーに置き換えるわけですから、その分の摂取カロリーは減ります。

そして、先程も書きましたがバターコーヒーダイエットは「糖質制限(ケトジェニックダイエット)」と併用するものです。
ケトジェニックダイエットの原理を簡単におさらいしましょう。

人間が生きるためのエネルギー源は、糖質と脂肪です。
糖質の摂取を制限したら、脂肪を燃やして生きるしかありません。

しかし、人間の脳には脳関門という関所があり、糖質はそこを通って脳のエネルギーになりますが、脂肪は脳関門を通過できません。

そこで、糖質が不足している状態が続くと、人間は脂肪を原料に肝臓で「ケトン体」という物質を作り出します。
このケトン体は、脳関門を通過して脳のエネルギーとなれるのです。

このように、糖質を制限する代わりに脂肪を燃やす「ケトン体質」に身体をシフトすることで、どんどん体脂肪を燃やしてしまおうというがケトジェニックダイエットです。

ケトジェニックダイエットの問題点をバターコーヒーで解消

ケトジェニックダイエットは、体脂肪を速やかに落とす効果は非常に高いため、アメリカで爆発的にブームになった後日本でも大流行しました。

しかし、この糖質制限の大きな問題は、ケトン体質に移行するまでには時間がかかるということ。

「糖質制限を初めていつからケトジェニックになるのか?」に関しては、個人差が大きすぎるので一概には言えませんが、とにかくこのケトン体質に移行するまでの数週間には、猛烈な空腹感、集中力の欠如、イライラ、物忘れ、ネガティブ思考になるなど、脳のエネルギー不足を感じやすくなります。

そこで出番なのが、バターコーヒーです。

バターコーヒー

■コーヒーの役割

コーヒーに含まれるカフェインには、体脂肪の分解を促進する作用があります。

体脂肪が分解され、血液中に放出されて全身の細胞のエネルギー源として使われるのです。

朝、起床した時点では体内のエネルギー源はほぼ枯渇した状態ですが、カフェインで体脂肪を分解することで活力を確保し、空腹感を和らげられます。

■MCTオイルの役割

MCT(Medium Chain Triglyceride)とは、日本語では「中鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪の一種です。

私達が普段口にする脂肪食品は、ほとんどが「長鎖脂肪酸」に分類されます。

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて分子構造が短く、消化器で分解されやすいのが特徴。
3~5倍の速さで分解されて吸収されると言われています。

また、分解が早い分ケトン体の材料としても優れており、MCTを積極的に摂ることでケトン体質に移行しやすくなります。
日清オイリオの研究によると、長鎖脂肪酸に比べて、MCTを摂取したときのほうがケトン産生量が10倍多いそうです。

■グラスフェッドバターの役割

グラスフェッドバターとは、穀物飼料を使わず100%牧草のみで育てられた牛の乳から作られたバターの事。

牛は本来草食動物ですが、畜産業では発育を早くするために炭水化物をメインとした穀物飼料が与えられます。
それに対し牧草100%で作られるグラスフェッドバターには、植物由来の鉄分、カロテン、ビタミンなどが非常に豊富。

さらに、オメガ3などの不飽和脂肪酸など良質な脂肪分も2~3倍多いと言われています。

ケトジェニックダイエットでは脂肪が生きるための燃料になりますから、良質な脂肪分を摂ることは非常に重要なのです。

ちなみに、グラスフェッドバターの産地としてはニュージーランド産が圧倒的にオススメ。
フランス産や北海道産は、グラスフェッドといいながら100%牧草では無い場合があります。
何故なら冬が寒くて牧草が生えないから。

温暖で一年中牧草が豊富なニュージーランドでは、グラスフェッドバター・ビーフは重要な輸出品として品質管理も徹底しています。

■撹拌する意味は?

バターコーヒーダイエットを紹介する記事はネット上に無数にありますが、意外とこの「撹拌する」という工程を飛ばしているものが多いです。

しかし、この撹拌が実は重要で、MCTオイルとグラスフェッドバターを乳化させる事で脂肪分の吸収がよくなります。

「乳化」とは、簡単に言うと水と油が混ざること。
MCTオイルは、そのままだと液体の油ですから、消化吸収に時間がかかります。
これをグラスフェッドバターのたんぱく質を乳化剤としてコーヒーの水分と乳化させることで、吸収しやすくなるのです。

また、コーヒーがクリーミーになることで味も美味しく、胃にも優しくなります。

朝の空腹状態でコーヒーを飲むと、カフェインの刺激により胃が痛くなる人も多いですが、乳化したバターとオイルが胃に油膜を張ることで守ってくれるのです。

Youtubeで300万回再生されているバターコーヒーの作り方 (英語です)

なぜバターコーヒーは「完全無欠コーヒー」と呼ばれるのか?

『シリコンバレー式最強の食事』では、バターコーヒーはアメリカのエリートが編み出した「完全無欠コーヒー」と呼ばれます。

その優れた効果は既に述べましたが、バターコーヒーには「集中力がアップする」という効果もあるようです。

その理由は、朝食をバターコーヒーにすることにより糖質の摂取が減るから。

朝の空腹時にご飯やパンなどの炭水化物を食べると、血糖値が急激に上昇します。

急激に上昇すれば急激に下げなければいけませんから、インスリンが大量に分泌されます。
そして血糖値が下がっていくのですが、この「血糖値が下がっていくとき」に人間は眠気と空腹感を感じるように出来ているのです。

朝食を食べた後、午前中はどうも集中力が続かない。
お昼休みの後、午後に強烈な眠気が来る。

こういった現象は、血糖値の下降によるものです。

バターコーヒーダイエットではそもそも糖質を摂りませんから、血糖値の急下降が起こらず、眠気や空腹感を感じずに一日中集中力を保てるという訳です。

バターコーヒーで気分爽快

バターコーヒーダイエットの危険性・注意点は?

バターコーヒーダイエットの注意点は、糖質制限をしなければ意味が無いという事です。

せっかくバターコーヒーを飲んでも、それ以外の食事で糖質を食べていれば、身体は糖を優先的に消費しますから、ケトン体質に移行できません。
調味料や野菜に含まれる糖質まで厳密に気にする必要はありませんが、白米やパン、パスタなどの炭水化物は避けるようにしましょう。

ダイエットが目標達成して維持に入る段階では、昼、夜に炭水化物を解禁しても問題ありません。
バターコーヒーは午前中の集中力を保つために継続する人も多いです。

糖質制限ダイエットの最大の注意点は「タンパク質を多めに摂る」ということ。
本来は「脂肪も多めに摂れ」と言われるのですが、バターコーヒーで良質な脂肪は十分摂れるので意識する必要はありません。

糖質制限ダイエットでは、タンパク質を多めに摂らないと筋肉がゴリゴリに削られるので、肉類、魚類、卵などを多めに食べるようにしてください。

また、出来る範囲で筋トレなどの運動をすることで、筋肉の減少を抑えられます。

バターコーヒーダイエットのサファリ的見解

バターコーヒーダイエットは、ケトジェニックダイエットのメリット・デメリットをよく理解した上で、その効果を高めるためによく考えられた方法だと思います。

炭水化物は人間にとって重要なカロリー源ですが、現代人は明らかに炭水化物を摂りすぎです。
特に肥満の人の場合、ケトジェニックダイエットは身体にたっぷり溜め込んだ脂肪をエネルギーにしてしまう有効な方法。

コーヒー好きの方は、ダイエットだけでなく健康法、集中力アップ法としてもやってみる価値があるかも知れませんね。

ただ唯一のデメリットは、バターコーヒーを作るのが面倒くさいということ。
また、日本のスーパーではグラスフェッドバターが中々手に入らないということ。

こういう場合は、バターコーヒーのキモとなる「MCTオイル」「不飽和脂肪酸」などを網羅したサプリメントがおすすめ。
日清オイリオなどがMCTサプリを発売していますよ。

質問等はコメント欄で受け付けています!

関連記事

  1. おからパウダーダイエットのやり方と効果について

    おからパウダーダイエットで痩せる方法と原理を解説する

  2. MCTオイルでダイエットする方法とは?多くの人が間違えるポイント

    MCTオイルでダイエットする方法とは?多くの人が間違えるポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ダイエットSafariのYoutubeチャンネル

管理人プロフィール

管理人サファリ
ペンネーム:サファリ

日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー

筋トレと栄養学にハマる神奈川県在住35歳。
「safari」とは「未知への探求」という意味ですが、人体って今でも未知の事だらけ。
科学的根拠はもちろん大事ですが、まだまだ科学でもわからない未知の「体感」「経験」なども大事にしたいと思っています。
>詳しいプロフィールはこちら